MENU
HOME 発達障害とは つながりたい機関・団体

つながりたい機関・団体

ハローワーク・新卒応援ハローワーク

仕事を紹介してくれる国の機関です。(上部組織は労働局です) 一般向けのハローワークに加えて、近年の若年層の就職難から、大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生や、卒業後未就職の方の就職を支援する専門のハローワーク「新卒応援ハローワーク」も各地に出来ています。

若者サポートステーション(サポステ)

ニート・フリーターの増加により、若者の自立を支援する目的で厚労省が設置を進めているものです。発達障害の傾向を持つ人が利用者の中に数割いると言われています。Kaienの利用者もサポステ経由でつながる方が数多くいます。

発達障害者支援センター

都道府県に必ず一つ、政令指定都市にも設置されているセンターです。発達障害関係の情報が集まってきます。困り具合に合わせて、クリニックや支援機関などを紹介してくれます。

障害者職業センター

こちらも都道府県にひとつ以上あるセンターです。東京都は上野と立川にあります。発達障害を含め、あらゆる障害で就労に難しさを抱える人や、そうした方を雇用する事業所の相談にのってくれます。

障害者就業・生活支援センター(通称:ナカポツセンター)

前項の職業センターでは、行き届かない地域レベルのサポートを目的に設置が進んでいるセンターです。このため、職業センターが最寄りにない地域に設置される例が多くなっています。全国には300程度のセンターが設置されていて、主に就業関係の生活面と、就業前、就業中のサポートをしてくれます。「就業」と「生活」の間に「・」(ポツ)があるので、しばしばナカポツセンターと呼ばれます。

障害者就労支援センター

就業・生活支援センター(ナカポツセンター)と同じく、就労面と生活面の支援を一体的に支援するため行政が設置しているところです。ナカポツセンターと違って、障害者就労支援センターはお住まいの自治体ごとに設置されています。

市区町村の福祉課等

市区町村の福祉課(あるいは若干名称が違うかもしれません)でも、様々な情報を教えてくれます。市区町村で前述の「発達障害者支援センター」や「障害者就業・生活支援センター」と同じような機能をもった組織を立ち上げているところもあります。(例:東京・世田谷区の発達障害相談・療育センター“げんき”)

自閉症協会

もともとは親の会としてスタートした社団法人日本自閉症協会。社団法人が全国組織です。もともと社団法人の都道府県支部だったものは、現在はそれぞれNPO法人として活動しています。

当事者会

近年設立活動が活発になっています。特に首都圏ではいくつもの団体が新しく出来ています。

発達障害とは?
大人の発達障害Q&A 一覧

関連ページ

発達障害の特性を活かした就職を! 就労移行支援などをご紹介中! 
ご利用説明会は オンラインフォーム または
03-5823-4960 / 045-594-7079 (平日10~17時)で
ご予約ください