MENU
HOME 大人の発達障害Q&A 障害者枠では”空き時間”が多め 社内ニート状態を脱するには?

障害者枠では”空き時間”が多め 社内ニート状態を脱するには?発達障害の人の視点で議論してもらいました ~キスド会 2017年6月 開催報告~

 在職者向けのキスド会(土曜夕方に秋葉原と新宿で開催している、発達障害のある在職者向けのしゃべり場)での会話を皆さんの承諾をもとに記事にしています。今回のテーマは、会社での暇をどう凌ぐかについてです。

社内ニートって?

Bさん) 社内ニートって何ですか?

Aさん) 社内ニートは、会社にはいるんですけど仕事が決して多くない状態です。例えば3時間は業務あるんですけれども、残り5時間何をすればいいのか分からない、何も指示がないというような状態のことですね。

Cさん) それって肩叩きということではないですか?例えば仕事していないと、いづらくなると思うんです。

Aさん) 社内ニートでも要因が色々あると思います。一般枠の場合でしたら、肩たたきということもあるでしょうけれども、閑散期で時期的に仕事があまりないということもあると思います。障害者枠の場合ですと、社内ニートだからクビになるっていうことはあまり聞いたことないと思います。

Bさん) Aさんの場合の”社内ニート”は一時的なものなのですか?

Aさん) 私は今年のはじめに今の部署に入りました。もう半年経ちますけれども、未だに仕事が十分に与えられていません。上司も仕事を割り振る隙がないほど忙しい様子なのと、私が障害者枠での採用なので、周囲が遠慮しているという部分があるんじゃないのかなと…。

Dさん) 自分から仕事もらいにいくアクションは取っていないのですか?

Aさん) すでに上司の人とどんな仕事をしたい、どんな仕事だったら出来る、というような面談はしているんですよ。

Dさん) 上司の人は当然知ってなきゃいけませんけど、周りの社員へも「パソコン、Word、Excelでこういったことならできますよ」とアピールすれば、ちょっとは状況変わるのではないかと思います。障害者枠だと「できることが限られてくる」というように周りの人が思ってしまっていると思うので、こちらから「●●だったら、できますよ」と投げてみたらどうですか。何もしないよりも自分からアクションしてみたら状況が変わるのではないかと思います。

Aさん) 周りの人にもアピールしているつもりなんですよね。自分がどのくらいスキル持っているか、例えばExcelのマクロもこのぐらいだったら組めるとかは分かって頂けていると思うんです。それと週一回ミーティングで各自の進捗状況の報告がありまして、それぞれ各自の作業・状況は伝えていますし、聞いていただいているんですよね。

仕事をしないと肩身が狭い

Aさん) 困っているのは、時間を潰すことですね。暇過ぎて困っています。「何をしよう」と日々考えるのが苦痛ですし、周りの目線も色々と気になります

Bさん) 周りの目線が気になるというのは、仕事してないから居づらいという感じですか?

Aさん) はい。部内だったら「仕方ないね」で分かるんですけど、そういった事情を分からない他の部署の人とかは「この人、遊んでて大丈夫なの。周りは忙しい部署なのに」っていう風に思いますよね。

Cさん) 1日にどのくらい暇してるんですか?

Aさん) 経理なので、時期によってだいぶ忙しさが異なります。月初と月末は忙しいのですが、月の真ん中は、ほとんど1日何もしてないという感じですね。

Eさん) ネット見て、時間潰すのは駄目なんですか。

Aさん) 見る内容にもよると思います。業務に全く関係のないメールやページを見るというのは、御法度。私の場合、時間潰しにホームページを見ることはあるんですけど、そういった時も経理業務のイロハとか、勉強していますね。将来の投資だと思って。

Eさん) それはそれでいいんじゃないですか。逆にその時間を使って専門知識を得て、資格取った方が経理の仕事として貢献できそうですものね

Aさん) そうですね。例えば研修会があれば例えば会計分野もそうですしIT分野でも積極的に参加するようにはしています。

Fさん) 僕の場合は興味のないことはできないんですよ。「勉強しろ」とか「資格取れ」とか言われてもやっぱり自分が勉強する気にならないとできないですよ。Aさんはどうですか?

Aさん) 自分はその点は大丈夫ですけれども、やっぱり会社っていうのはそもそも勉強しに来てるわけではなくて、業務を通じてアウトプットを出していく場なので…

Fさん) 肩身が狭い感じがする?

Aさん) はい。

迷惑をかけない範囲でまず一人で動いてみる

スタッフ) たしかに障害者雇用だと稼働率がどうしても低く、暇な時間が多いですね。実際、定着支援で「稼働率は何パーセントくらいですか?」とかなりの頻度で尋ねますから。理由としてはほとんどの会社が障害者雇用の人には残業させないので、業務をあふれさせられない。なので常に余裕のある量しかその人に渡さないというのがあります。このため自分で仕事を取りに行くということは期待されず割り当てられたものをこなせば良いという期待度の場合が圧倒的に多い。「言われたことをすれば良いよ。頑張りすぎないで良いよ」という明に暗に言われている中で、「自分はこれが出来ます」というように社内営業的に声を上げるのはなかなか大変でしょうね。

Gさん) 自分がしている対策を紹介しますね。僕、旅行会社で働いているので忙しいの夏とお盆なんですよ。それ以外はあまりにも暇です。で、そういう時にすることは掃除。時間が余ったら掃除をするようにしています。例えば傘立てが乱れてたら傘立てを整えるとか、電子レンジの中をウエットティッシュで掃除したりとか。ほかにも勝手に会社の看板掃除したりだとか(笑)、窓とかドアとか自分から拭いています。本当は掃除が目的なんじゃなくて次何をするのか探しながら考えるために掃除をしているんです。帰り際にみんなの机の脇にあるゴミを捨てに行っただけでも周りの人もたぶん気持ちいいと思うんですよ。

Cさん) たしかに周囲も悪い気がしないでしょうね。へんにサボってるとかニートしてるとか、思われなくてすむ。

Gさん) それと掃除してるっていうことは「僕が暇だ」っていうをみんなにも伝えることにもなるので、実は仕事くださいってアピールにもなりますからね

Aさん) うちの会社だと基本的に掃除はアウトソーシングしているんですよね。でも、雑務というか、モノの整理とかドキュメントを整えるとか、そういったところを自分で探して動いてみるというのは良いかもしれないなと思いました。

Hさん) 空いた時間を有効活用するために、研修・勉強の制度化を会社に提案するのはどうですかね

Bさん) おっしゃる通りだとは思うんですけど、制度化という話を上司にすると、大きな話になっちゃって、自分以外を巻き込んでいく形になりますよね。上司や周りの人を余計忙しくすることになりかねないので、そこは気を付けて発言したほうが良いでしょうね

スタッフ) 細かくコミュニケーション取りすぎると逆にうざったいって怒られることもありますものね。

Cさん) たしかにまず周りを巻き込まないで、とりあえず一人でやってみるほうがいいんじゃないんですか。そうすれば周りにも迷惑かけないだろうし。あ、なんかやってるなと思ってもらえるだろうし。

Aさん) 私の場合は空気が読めなかったりするので、あんまり自分が暇だからってこうしましょうと提案しちゃうと、それが周りにとって「そんなことやってる暇ないよ」みたいな反応になるかもしれなくて、そこらへん見極めるのは結構難しいと思うんですよね。そこは慎重にいきたいですね。

Cさん) だからまず一人で動いてみるというのが良さそうですね。

Aさん) それは賛成だと僕も思います。はい。

発達障害とは?
大人の発達障害Q&A一覧

関連ページ

発達障害の特性を活かした就職を! 就労移行支援などをご紹介中! 
ご利用説明会は オンラインフォーム または
03-5823-4960 / 045-594-7079 (平日10~17時)で