MENU
HOME 大人の発達障害Q&A 障害者枠 18万円の月給で暮らせるか?

障害者枠 18万円の月給で暮らせるか?発達障害の人の視点で議論してもらいました ~キスド会 2017年4月 開催報告~キスド会仕事

 在職者向けのキスド会(土曜夕方に秋葉原と新宿で開催している、発達障害のある在職者向けのしゃべり場)での会話を皆さんの承諾をもとに記事にしています。今回のテーマは一人暮らしの際の生活費や節約方法についてです。

【参考】大人の発達障害者向けの職業訓練・就活支援
【参考】発達障害(疑い含む)のある大学生・専門学校生向け”ガクプロ”
【参考】見学/相談/利用希望の方は ”ご利用説明会”へ

固定支出のうち一番大きい家賃をどう抑えるか?

Aさん) 今月から仕事を始めました。今のところは時給制ですが、そのあと月給制に変わります。月給は18万円で契約してます。額面から色々と引かれて、恐らく手取りが15万円ぐらいになるのかなという感じです。それで家賃には5・6万くらいかかるのかな。残りは9万円、ボーナスはありません。これで自分はこれからずっと生きていけるんだろうかと、今不安に思っているところです。

Bさん) 多分住んでいる地域にもよると思います。税金の高さとか違いますよね、自治体で。

Cさん) 恐らく。その給与だと住民税は課税の対象になるかもしれません。

Bさん) 手取り15万から医療費も出ていって、あと家賃が出ていって、ライフライン系が出ていって、食費が出ていってということですよね。勤務先で交通費の補助は有りますか?

Aさん) 交通費は全額支給してもらえます。

Bさん) 試算してみて、月に1万5000円か2万円ぐらい手元に残れば、多分ちょっと余裕がある生活を送れると思います。一方で収支がカツカツだと、何か起きたときに「テレビも買い替えられない」「冷蔵庫も買い替えられない」という状態になります。そうなると「あぁ・・・今の仕事辛い・・・」っていう感じになると思います。

Cさん) まずは、固定支出がいくらか把握するべきです。固定支出としてはなによりも家賃が大きいです。一般的に給与の3分の1以内に抑えるのがベスト。月給18万円ですと多分6万円を切るぐらいにした方がいいと思うんですね。

Bさん) 本当は手取り15万円だから5万円ぐらいがいいと思う。

Aさん) 5万円だと相当絞って探さないといけないと思います。

スタッフ) 月給って生活保護よりは必ず高くなるようにはなっているはずなんですよね。まあ、僅かですけど。生活保護の支給額はそれなりに計算してあの数字になっているので、暮らせないことはないはずなのですが。

Bさん) それは少し違います。生活保護から外れるとそれまで免除されていた料金を支払わなければならなくなり、どさっとお金がかかるのです。NHKとか水道とか、医療費とか健康保険もです。

Dさん) 医療費はね、自立支援の受給者証を持っている場合はかからないですよね。

Bさん) いや、あれは精神科限定です。だから内科とか外科とか行ったら諸々かかります。

Aさん) そうです。そうです。

スタッフ) そう考えるとやはり固定支出のうち一番大きい家賃を少なくしたいということになりますね。障害のある方はグループホームという制度を利用できるのですが、実際はなかなか入れないんですよね。

Bさん) うん。特に発達障害の方は入っている例をあまり聞きません。重度の知的障害の人とか、服薬コントロールが必要な人とかは、入っている人が多いでしょうけれども。だから、グループホーム(注:福祉制度のサービス)の利用が難しいと考えたときに、やっぱりシェアハウス(注:通常の民間サービス)ってなるんですよね。

男性) ああシェアハウスね。

都心から離れた始発駅が狙い目

スタッフ) あるいは都心から電車で1時間ぐらいのところに住むという手もありますね。体力があればですが、障害者枠は残業がないですし時差通勤が認められることも多いですから。私の実家のある埼玉県の西部だと、池袋まで片道500円かからない。始発駅だったら座って行けますし。

Dさん) 交通費補助が上限なくて全額出るよっていうんだったら、ちょっと遠くの家賃が安い所に住むっていうのもいいかもしれないですね。

Bさん) どんなに混んでても自分だけは座っていられるし、しかも会社の最寄り駅まで一本で乗り換えがなかったら、努力すべきことは早く起きることだけ。(複数名が相槌) お金の心配もなくなるし、満員電車でずっと立ってなきゃいけないストレスからも解放されます。だからちょっと遠くても始発電車の出る駅の近くの安いアパートを借りるってのはいいと思います。

スタッフ) いまその条件でネットで調べたら、4万円台で借りられるところも多いようですね。

Cさん) 私は金銭管理の援助者さんに言われて、2年に1回更新料を払うことも考えて、毎月の給料から貯金しています。たとえば2年ごとに更新の時に5万円かかるとすると、24か月で割った分を毎月貯めていかないと、更新できなくてホームレスになりましたなんてことになる懸念がありますから。そういう年に1回程度の出費もリスト化して計算してみるとよいと思います。

Eさん) スマートフォンで家計簿を付けるアプリがいっぱい出ていますがすごくおすすめします。私は何か買ったらすぐスマホの家計簿アプリに帳簿を付けるようにしています。今月使いすぎだなと思ったら来月セーブしようとか、そう思うからです。

Dさん) 払ってお釣りをもらうときにその場でアプリに情報を入れる。

Aさん) それは結構節約になるかもしれないですね。

Bさん) 私は援助者に入ってもらってお金の出入りのタイミングを見える化しています。多くの人には、お金の収支を合わせるのって支払いのタイミングに時間差があってもできるみたいなんですよ。あとで支払わなければいけない額を計算しておいて、それまではなんとなく支出を抑えるとか。私はそれができないので、今支援に入ってもらっています。みなさんも苦手だったら、そういう金銭管理の援助サービスを受けられるか自治体などで相談に乗ってもらうと良いと思います。

Dさん) 僕は額面で15・6万円ちょっとの給与で、それこそ手取り14・5万円で働いています。お昼は弁当。全部自前で弁当作って、平日の外食はしない。月の外食は6000円程度で済ますっていう感じで、食費を減らしています。自分の好きなことで使えるお金を月2、3万円残るように努力してるんですよ。そういう風にしなければなかなかやっていけないですね。貯金はやっぱり簡単なものじゃないなってずっと思ってます。

Cさん) 私も一日3食で1300円と決めています。そうするとコンビニ弁当なんて買えないです。お弁当のおかずを作り置きしておくと、それだけでお昼代がものすごく浮くんですよ。そういう食費を1日定額制にして節約したり、自分でその他に使った費用をアプリに記録したりして、徐々に貯金するのがいい気がします。

関連ページ

発達障害の特性を活かした就職を! 就労移行支援などをご紹介中! 
ご利用説明会は オンラインフォーム または
03-5823-4960 / 045-594-7079 (平日10~17時)で