MENU
HOME 大人の発達障害Q&A 発達障害と感覚過敏・鈍麻

発達障害と感覚過敏・鈍麻理解されづらい発達障害のもう一つの苦しみASD・アスペルガー仕事就活

 発達障害の人で感覚に他の人と異なる傾向を持つ人は少なくありません。一般の人よりも鋭敏な場合は感覚過敏と言われ、一方で鈍感な場合は感覚鈍麻(どんま)と言われます。このページでは大人の発達障害の人に良くある感覚過敏と感覚鈍麻について取り上げます。

【参考】大人の発達障害者向けの職業訓練・就活支援
【参考】発達障害(疑い含む)のある大学生・専門学校生向け”ガクプロ”
【参考】見学/相談/利用希望の方は ”ご利用説明会”へ

インデックス

  1. 感覚過敏・鈍麻とは?なぜ生じるの?
  2. 感覚の違いは発達障害だと必ずあるの?
  3. 具体的な例を教えて 聴覚編
  4. 具体的な例を教えて 視覚編
  5. 具体的な例を教えて 体内編
  6. 具体的な例を教えて 触覚編
  7. 具体的な例を教えて その他篇
  8. 会社では、就活では、感覚過敏はどう伝えればよいの?

1. 感覚過敏・鈍麻とは?なぜ生じるの?

 人が何かを感じるには、①耳などの感覚器官で情報を受信し、②①の情報が神経回路を通って脳に伝わり、③脳がその情報を解析することで、感じるという状態になります。

 感覚過敏の場合、①・②・③のいずれかで情報が過剰に感じる状態です。一方で感覚鈍麻の場合は①・②・③のいずれかで感覚に関する情報が著しく低く伝わってしまっています。感覚はすべての人でおそらく違うのですが、これが日常生活や社会生活をおくるうえで支障をきたすレベルになると感覚過敏・鈍麻と言われます。

 感覚過敏・鈍麻は五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)のいずれでも生じえます。また第6の感覚ともいわれる固有受容覚(関節の曲げ伸ばしや筋肉を動かすときに、関節や筋肉の位置や状態を感じる感覚)も上手に機能していない人も目立ちます。

 発達障害の中でも感覚に関する話題はまだ取り上げられることが少ないですが、神経医学などでは研究も進んでいます。ただし具体的な仕組みはまだ解明されたというほどにはなっていないようです。

2. 感覚の違いは発達障害だと必ずあるの?

 いえ。発達障害の診断を受けている人でも、感覚に関する苦しさを訴えない人は多くいます。そもそも発達障害と言うのは、特性すべてが当てはまると診断されるものではなく、よくある特徴のいくつかが当てはまるだけで診断されるものですので、感覚に関する違いも一部の発達障害の人が当てはまる項目と言えます。

 なお、最新の診断基準(DSM-5)でも感覚に関する項目が自閉症スペクトラムの診断基準に入っています。このことからも発達障害の中でも自閉症スペクトラムに特に多いと考えることはできると思われます。ただしどの程度の割合の人がどれほどの感覚異常を訴えているか、具体的な研究結果はまだ確固たるものはありません。

3. 具体的な例を教えて 聴覚編

 当社を利用する発達障害の人で感覚過敏を訴える最たるものが「聴覚」です。これについては大なり小なり、ほぼすべての発達障害者が何らかの違和感があるようです。

  • 小さな物音が気になってしまう。(例:空調の音が気になって夜眠れない)
  • 特定の大きな音がその場から逃げ出すほど苦手。(例:太鼓、雷、ドライヤー)
  • 飲み会など騒がしい場で話している相手の声が聞き取りづらい。(※いわゆる”カクテルパーティー効果”が効きづらい状態です。音の取捨選択が難しくすべての音が聞こえてしまうのだと思われます。)
  • 遠くの音が聞こえすぎたり、音の遠近が付きづらかったりする。(例:遠くの電話も近くで鳴っているような気がする。)
  • 聴覚異常はないはずだが、特定の音や声が聞こえづらい。
  • 騒がしい場だと急激に疲弊してしまう。(例:駅やショッピングモール)

 他人のヒソヒソ話が気になることを聴覚過敏とおっしゃるケースも多数あります。確かに遠くの話し声が聞こえたり、小さな音でも感じてしまっている可能性もありますが、発達障害の人は小さいころからイジメられたり、のけ者にされたりしているため、他人に悪口を言われているのではないかと、やや被害者の意識が強いことがあります。これがため、ほかの人のちょっとした言動に敏感に反応してしまっていることもあり、ヒソヒソ声が気になることを感覚過敏とすぐに断定してよいかは、ご本人の状態をしっかり確認する必要があります。

 また、聴覚の過敏であっても、何かに集中するとかえって物音が聞こえなさすぎる状態になる方もいます。この場合は「いつもは音を気にしているのに、場合によっては名前を大きな声で呼んでも気づかないなんて、なんて自分勝手な奴だ」と勘違いされてしまうこともあります。

【参考】感覚過敏 聴覚での具体例 発達障害の当事者に議論してもらいました。

4. 具体的な例を教えて 視覚編

 発達障害の感覚の違いというと、真っ先に挙げられるのが視覚です。ただKaienでお会いする当事者の中では日常生活に大きな困難を抱えるほどの苦しさがある方は少ない印象があります。

  • わずかな明かりが気になる。(例:外の街灯のわずかな明かりでも眠りが浅くなる)
  • 些末な違いが気になったり、目に飛び込んできたりする感覚がある。
  • 蛍光灯のちらつきが気になる。パソコンの画面を長時間見ていられない。

 特定の色の光の波をカットしてくれるカスタムメイドのサングラスなど視覚過敏の人への対策は進んできています。

5. 具体的な例を教えて 体内編

 発達障害の人の隠れた苦しみが体内での感覚過敏・鈍麻です。発達障害の人は体調がすぐれない人が多いですが、実は感覚過敏の影響を強く受けている可能性もあります。

  • 生理痛が人よりも著しく重い。
  • 空腹の感覚が乏しく、食事をたびたび忘れる。
  • 気圧の変化に弱い。(例:台風や大雪のときなど頭痛や気持ち悪さから動けない。)
  • 疲れているという感覚がわからない。このため急に倒れる。

 専門医にかかっても異常がないといわれることが多いようですので、対策としては、ストレスがかからないようにする、適度に運動する、規則的に生活する、食事もバランスよく腹八分目にする、など健康に良いといわれていることをコツコツしていくことがまず大事だと思われます。

6. 具体的な例を教えて 触覚編

 触覚についても感覚過敏でよく話題になる部分です。ただしどちらかというと子どもの発達障害で話題になることが多く、就職を目指せる方の場合はそれほど触覚では困難さを感じている例は少なくなります。ただし以下のような訴えはよく耳にします。

  • 他人から触られることが苦手だったり、痛みを感じることもある。
  • 手や足を中心にものを付けることを著しく嫌う。(例:靴下、手袋)
  • 特定の衣服や布でないと身に着けられない。(※家の中では裸を好むことも)

 なお特定の食べ物が苦手な人がいますが、その場合味覚にほかの人との違いがあるとは言い切れません。歯ごたえや口の中での動き、溶け方など、触覚で違和感を訴えているケースもあります。

7. 具体的な例を教えて その他篇

 このほか嗅覚や味覚に大きな違和感がある方がいらっしゃいます。

  • 特定のにおい、強い香りが苦手。(例:香水)
  • においへの感覚が乏しい。(例:自分の体臭が気にならない)
  • 特定の食べ物の味に強く不快を抱く。あるいは特定のものだけしか味わえない。(例:偏食)

8. 会社や就活で、感覚過敏はどう伝えればよいの?

 感覚過敏や感覚鈍麻は、発達障害の支援に慣れた人でもなかなか理解が難しいものです。発達障害のことをあまり知らない上司や面接官ではなおさらのことです。中途半端に伝えると努力不足だったり、大げさに言っていると思われたりしてしまい、かえって職場の上司・同僚や面接官との距離を広げてしまうことにつながりかねません。例えばこのページを印刷したり、感覚過敏・鈍麻の困難さを上手に説明してくれる支援者に”通訳”・”解説”してもらうなど、職場の人が理解しやすい手段を考えましょう。

 ただし仮に配慮をしようと周囲が思ってくれたとしても、配慮しづらいのが感覚過敏・鈍麻でもあります。視覚や聴覚の場合、サングラスやノイズキャンセラーなどで個人で対応できる場合もあり得ますが、多くの場合、周囲の環境を劇的に変えることはオフィス内では難しいからです。感覚の違いによる苦しさが極端な場合は、自宅勤務(テレワーク)などを活用するケースも今後増えていくでしょう。

発達障害とは?
大人の発達障害Q&A一覧
関連ページ

発達障害の特性を活かした就職を! 就労移行支援などをご紹介中! 
ご利用説明会は オンラインフォーム または
03-5823-4960 / 045-594-7079 (平日10~17時)で
ご予約ください