MENU
HOME スタッフブログ 腐っていた私 真面目に頑張ったら内定獲得できました

腐っていた私 真面目に頑張ったら内定獲得できました発達障害に特化した就労移行支援Kaien 修了セレモニーレポート #5修了セレモニー

Kaien新宿の東海林です。就職が決まり就労移行支援を修了される利用者のKaien流卒業式である「修了セレモニー」。シリーズ第5弾です。

今回見事就職されたMさんは、新卒で一般枠で就職したものの1年未満で退職に至ってしまい、その後Kaienで9ヶ月の訓練を経て、志望度の高かった会社に見事内定となりました。セレモニーでのMさんのスピーチと、それに対する上司(役の講師)からのコメントをご紹介します。

真面目に訓練したほうが絶対に得です

無事内定を頂きまして、本日をもって卒業することになりました。

実は、訓練開始した頃の私はちょっと腐っていたと言いますか、あまり真面目ではなかったんです。ですが段々心の調整がうまく行って、就活を始められそうな状態になって、訓練も真面目にやるようになりました。ようこそ先輩に参加したり、赤ペン(書類添削)や面接練習を積極的に受けていって、このたび障害者枠の事務で、無事内定を頂きました。

内定を獲得した理由としては、Kaienの訓練を真面目に取り組んだことだと思います。一つ一つのことを大事にすることが大切です。また、自分の特性を把握して、自分の短所をどう直して、自分の長所をどう伸ばすのか、自分を知るということも大切です。

訓練は業務を一つ一つ真面目に取り組んだほうが絶対に良いです。今訓練している方は、訓練中に寝たりしないで、講師の方やスタッフの話をちゃんと聞いて、赤ペンや面接練習は積極的に受けて、どんどん就職活動をしたほうが内定を頂きやすくなりますし、社会人になる際にも絶対得になると思います。以上です。ありがとうございました。 (Mさん 20代 男性)

【参考】苦手を補う 発達障害専門の支援スタッフによる面接対策/書類添削

就職したいという強い熱意が成果につながった

上司からのコメント:ご本人が言われたように、訓練を続ける中で急に就職のスイッチが入ったというか、あるとき急激に変わったな、というような印象です。上司としてMさんとの訓練を振り返ってみると、結構議論をぶつけあった記憶がありますが、Mさんはそれにちゃんと答えてくれました。やっぱりMさん自身に、どうにかして就職したいという強い熱意があって、今回見事それが成果になったのかなと思っています。ぜひ、頑張ってください。

【参考】職場のコミュニケーションが学べる職業訓練

受けたアドバイスを行動に移せる強さ

「寝たりせずに真面目に訓練に取り組もう」というコメントをくださったMさんですが、実は訓練初期は居眠りしてしまうことが間々ありました。指摘やアドバイスを受けた際も、「そんなこと言われても難しいものは難しいですよ」といった消極的な反応をなさることもありました。しかし、口ではそう返しつつも、言われたからにはちょっと頑張ろうかな、と行動に移せるところがMさんのすごいところです。

就活がうまくいかずに気持ちが落ち込んだりイライラしたり、睡眠が安定せず眠気のコントロールがうまくいかないこともあったのですが、最終的にはいつもご自分で「なんとかします」と強い意志で行動を起こしていらっしゃいました。こうして、周囲からのアドバイスを一つ一つ取り入れて行動した結果、真面目なお人柄が評価されて志望企業に内定をいただきました。

Mさんを見ていて、「就職するぞ」という強い意志に基づいて行動すれば、結果につながるのだということが良くわかりました。就職後も、周りのアドバイスをしっかり受け止めて、取り入れて、さらにパワーアップしていかれるんだろうなと思います。

関連リンク