MENU
HOME スタッフブログ Kaien代々木 内定者続々! 半年で16人

Kaien代々木 内定者続々! 半年で16人働いたことがある方もない方も自分の「輝き」をみつけられる訓練プログラム

Kaien代々木スタッフの菅原です。

街がクリスマスムード一色になると、今年も終わるんだなあと寂しくなりますね・・・。夏の暑い日にスタートしたKaien代々木も、開所から5か月がたとうとしています。そして、この5か月でたくさんの利用者が内定をいただきました!今回は、そんな代々木事業所の訓練の様子をお伝えします。

嬉しい知らせが次々と!

この5か月の間に14名の方が企業様より内定を頂きました。おめでとうございます!そして現在内定があり訓練を修了される予定の方が2名います。Kaienの平均訓練期間は7~8カ月ですので、比較するととても早いです。

また、フルタイムとして訓練を修了された方の平均給与は21万円です。障害者枠就労の場合だと、全国平均が12万円台と言われております。Kaienを修了された方の平均給与水準が18万円であり、そもそも全国平均より高いのですが、その中でも群を抜いて高くなっています。

どんな雰囲気の拠点なの?

もともとKaien代々木は、「一般枠への就職を意識も意識しつつ障害枠でも給与水準の高いレベルを目指した職業訓練を目指す」ことを掲げた拠点でした。そのため、本拠点には就労経験者が多く、すでに基本的なビジネススキルを持ち合わせている「大人」な雰囲気の方が多いという印象です。ですが、訓練生のみなさまは本当に熱心に当社の訓練プログラムに取り組んでいただいていて、すでに知っているだろうビジネススキル講座にも全力で取り組んでいる姿が眩しいです!

発達障害の「困り」を想定したビジネススキル講座

Kaienの就労移行支援の柱の一つに、週に2回行われるビジネススキル講座があります。電話のやり取りの仕方や志望動機の書き方、メールの整理の仕方…など、就活からビジネスマナーまでの基礎的な作法を実践を交えながら学んでいただけます。でももう基本的な知識はもっているし…という方もいらっしゃるかもしれませんが、すでに働いた経験のあるような方々にも学びあるものとなっています。

その理由は、このビジネススキル講座が発達障害の方が苦手とされるシーンを想定して組まれていることにあります。例えば「あなたは英会話教室の受付です。お客さんの対応と宅配便、新規入会者の対応準備が一気に舞い込んできたらどうする?」という状況を設定し、発達障害の多くの方が苦手とされるマルチタスクを優先順位をつけて整理してもらいました。講座後は、就労経験のある利用者からも、「自分は目の前のことからとにかく手を付けてしまうようだ」というような声が上がっています。具体的なシチュエーションで「自分だったらどうするか?」を考え、それを人と共有することで客観的に自分を見る機会となっているようです。

就活講座「行列の出来るお悩み相談所」にて。
業務外でのコミュニケーションについて、講師を交えて活発に意見がとびかっています!

チームの中で自分の役割を知る

Kaienの職業訓練のひとつに「オンライン店舗」というものがあります。ネット上で店舗を開き売り上げを追求することで、実際にお店を運営する感覚を身に着けてもらうことを目的にしたものです。Kaien代々木では「KODOMO福」という店舗で、関係者からいただいた古着をネットオークションに出品しています。検品・写真撮影など、軽作業の大部分は新宿のKaienハートに委託し、代々木では店舗管理に比重を置いた業務を行なっています。店長、経理、マニュアル作成…様々な担当業務に挑戦しながら、自分に合う仕事は何か、合わない仕事は何かを見極めていきます。

先日初めての内定をもらったTさんは、店長業務を通して「人への仕事の振り分け方にやりがいを感じる」ということを発見したとお話ししてくださいました。その人の得意なことや苦手を把握して誰に何をお願いするのが最適なのかを考えることにやりがいを感じているとのこと。「人の良いところを見つける力がついています。(就職先の業界である)福祉はそういうコミュニケーションが大事だと思うので、とても良い練習になりました!」とキラキラした笑顔で語ってくれました…!

Kaienの訓練のモットーは、「服を試着するように仕事を試着すること」。失敗を重ねながら様々な業務を経験することで、働いたことのある人もそうでない人も自分が輝ける分野を追求していただける場所となっています。

相次ぐ内定をうけ利用者の入れ替わりが激しい代々木では、常にフレッシュな風が吹いています。このブログ、実は11月から頭書き始めているのですが、次々と内定が決まるため、内定者の数を何度も書き直しました。このペースだとサロンを開ける日も近いのではないのでしょうか!代々木を卒業した先輩として、ここでの思い出やや就職後の経験談を語っていただく姿が見られることを楽しみにしています!

関連ページ