MENU
HOME スタッフブログ アイデアを形に 理想を現実に ~Kaien春合宿~

アイデアを形に 理想を現実に ~Kaien春合宿~Kaienスタッフ

こんにちは。就労移行支援事業所Kaien横浜の井川です。

少し日にちが経ってしまいましたが、3月11日~3月13日に半期に一度のスタッフ合宿がありましたので、そちらの様子をお伝えしたいと思います。

1対1で話すこと 交流の大切さを実感

今回初めての合宿参加で少々不安もありましたが、普段は拠点が遠く関わりの少ないスタッフや講師、更には外部の方々とも密な交流ができ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。合宿ですので事業報告やグループワークがメインですが、入社したばかりの私にとっては、食事の場で軽く相談ができ、宴会場でお酒を飲みつつ交流を図るといった気軽に相談できる機会が貴重に感じました。特に相部屋の先輩スタッフとじっくり話ができたことで不安が解消され、改めてスタッフの訓練生に対する愛情や熱い思いを感じることができ、背中を押されたような気がします。

メインイベント〝FedEx Day”とは

さて、今年ももちろんメインイベントは〝FedEx Day″です。それって何?という感じですよね。一言でいえば〝24時間で企画立ち上げ”です。今後当社で取り組みたい企画を各自発表し、興味がある企画に挙手をしてグループを作ります。企画からデータ収集、成果物の作成と発表まで、通常日数をかけて行うことを24時間以内に行うのです。もちろん具体的な数字と見通しを立てて定量的に発表していく必要があり、アイデアを目に見える形にし、実現に向けて動けることが前提です。ただの企画に終わらず、他社にない当社ならではの取り組みである必要があり、「こんなのあったらいいよね。」「こうだったらいいのにね。」(でも無理だよね。)で終わらすのではなく、熱意と意気込みを携えて実現していきます。今年は外部からAs MamaノーベルETIC.のスタッフの方が参加してくださり、Kaienスタッフにとっても学びと気づきの多い協同合宿だったのではないでしょうか。

今回12の案が挙がり、今年中に実現可能なものから数年後に花を咲かせそうなものまで多彩なアイデアが発表され、動画を撮影し笑いを勝ち取ったグループや体験談を熱弁するグループ、残り時間わずかでガラッとテーマを方向転換して驚かせたグループもあり、順位をつけることにとても悩む良い企画ばかりだったと思います。具体的な企画内容はトップシークレットですので実現後にご期待ください(笑)

 
FedEx Day 意見を出し合うスタッフたち。かなり真剣でした。

 

アイデアを形に 理想を現実に

私自身これほど真剣に何かについて考え取り組んだことがなく、協力しながら成果物として発表できたことにやり切った達成感のようなものを感じました。これまで合宿に参加してきたスタッフは経歴によって差はあるものの、実現させたいという気持ち面では同じだったと思います。そして達成感も。といっても、終わりではなく始まりですので今後それぞれどのような成果をあげていくのかが楽しみです。皆様にお披露目できる日は近いかもしれませんよ。

より多くの方々に必要とされる当社ならではのアイデアを形に、理想で終わらず実現に向けて…次回の秋合宿が楽しみです。



私たちと一緒に、発達障害のある人と企業の架け橋になりませんか?
Kaien採用情報は こちら をご覧ください。