障害者雇用の採用支援ダイバーシティ&インクルージョン志向の障害者雇用を実現します

HOME企業の方へ企業向けサービス障害者雇用の採用支援ダイバーシティ&インクルージョン志向の障害者雇用を実現します

障害者雇用支援の専門機関として、企業の障害者の法定雇用義務の達成や、ダイバーシティの推進に向けたサービスを提供しています。貴社のご状況やご予算に合わせて、ニーズに即したサービスを提案します。まずはお気軽にご相談ください。

導入事例国内大手 検索エンジン業者Y社、外資系コンサルティングファームA社、国内大手生命保険会社M社など、外資系や大手上場企業を中心に取引実績多数(これまでの導入事例はこちらから
メディア掲載事例NHK「おはよう日本」「クローズアップ現代+」、週刊ダイヤモンド 特集「職場の発達障害」の処方箋、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、読売新聞など紙面掲載多数
著書・論文『こころの科学 特集・職場の発達障害(日本評論社)』、『発達障害のリハビリテーション 多職種アプローチの実際(医学書院)』、『必携 発達障害支援ハンドブック(金剛出版)』、『LD研究 第25巻 第3号(一般社団法人 日本LD学会)』他多数

障害者雇用の採用支援「サービス早見表」

a. 人材紹介・採用代行(RPO)

求人サイト「マイナーリーグ」は、より雇用が安定し、戦力となる障害者雇用人材と出会いたい企業様向けの求人マッチングサイトです。忙しくて障害者の採用活動に十分な時間を割くことができない企業様には、障害者雇用のプロが候補者のスクリーニングを代行する「採用代行(RPO)」がおすすめです。 詳細はこちら

b. 総合コンサルティング

障害者雇用に精通した専門スタッフが、「受け入れ体制の準備」から、「母集団形成」、「採用面接同席」、「雇用定着」まで丁寧に伴走します。短期間で複数名の障害者を採用する必要があるお客様、採用活動にあたり外部専門家のノウハウやリソースを活用したい、現在注目が高まるニューロダイバーシティ人材の活用を検討する企業様には特におすすめのプランです。 詳細はこちら

c. 伝統工芸と福祉の連携モデル「DenPuku」

「手先が器用」「反復作業が得意」。発達障害の強みを活かし、伝統工芸の職人を目指している人材を企業が雇用で応援する、社会貢献性の高い雇用モデルです。障害者雇用を通じて地方創生やSDG’sの推進に寄与したい企業様や、諸事情により社内で業務を切り出すことが難しい、受入れ環境を整備することが困難な企業様に特におすすめのプランです。 詳細はこちら


a. 人材紹介・採用代行(RPO)

求人サイト「マイナーリーグ」は、高いスキルを持った「戦力となる人材」年間300名以上を企業に送り出している、国内最大規模の障害者採用プラットフォームです。

人事ご担当者様向け「マイナーリーグの特徴とご利用方法」

雇用定着率90%以上、一般枠にそん色のない担当業務で安定的な業務パフォーマンスを発揮

求職登録数は6,000名以上。Excelなどの基礎的なPCスキルはもちろん、IT開発、法務、会計、語学スキル、発達障害の方の中には専門性のある技術や知識をお持ちの方が多く登録しています。

ハイスキル人材活用の先行事例
ノウハウがない企業でも雇用安定・戦力となる人材が採用できる「採用代行(RPO)」

障害者雇用のプロフェッショナルが、求人情報の制作代行、応募者の対応、候補者のスクリーニングの代行、定着支援を行うサービスです。成功報酬型、初期費用なしでご利用いただけます。

各種助成金も活用できます

各種助成金はハローワーク経由の採用と同じように申請ができます。特定求職者雇用開発助成金(通称 特開金)を受給した場合、1名採用あたり最大240万円(大企業の場合、最大100万円)の助成を受け取ることができます。(オプションとして事務手数料が別途発生します)


b. 総合コンサルティング

採用要件の決定、母集団形成、採用選考アドバイザリーなど、10年・200社の経験・ノウハウに基づき、障害者雇用推進における各種課題の解決をワンストップでサポートします。

導入ケース1.「はじめての障害者雇用を伴走してほしい」

障害者の法定雇用義務の未達成であったため、短期間のうちに新たに3名の雇用が必要な状況にある企業様に対して行ったサポート事例です。期限内の採用計画の達成はもちろんのこと、「障害者雇用の自立・自走」を念頭に、業務切り出し、雇用後のサポート体制の整備、採用選考まで伴走し、ノウハウをOJT形式でお伝えしました。

  • 受け入れ体制の整備(業務の切り出し、採用要件の定義など)
  • 採用事務の代行(求人媒体の制作、応募者の対応、面接日程の調整など)
  • 採用選考のサポート(書類選考の代行、面接同席など)
業種従業員数採用目標サポート期間
婦人服の製造販売300名3名6ヶ月

先行事例:調剤薬局による「発達障害人材が地域医療を支える」新しい雇用モデルへのチャレンジ

導入ケース2.「雇用数が大きく足りない状態を解決したい」

急速な事業成長による従業員算定数の急増や、子会社の統合などにより、年間で50名規模で障害者雇用を拡大しなければならないミッションをお持ちの企業様に対して、新規の採用プロジェクトの企画・立案。50名の採用目標に対して、300名以上の採用母集団(応募数をカウント)を形成しました。

  • 採用母集団の形成(採用コンセプトを伝える媒体の制作、採用リーチ、説明会の運営)
  • 採用事務の代行(求人媒体の制作、応募者の対応、面接日程の調整など)
  • 採用選考のサポート(書類選考の代行、面接同席、インターンプログラムの企画・運営)
業種従業員数採用目標サポート期間
金融業6,000名50人/年12ヶ月

先行事例:世界最大級の総合コンサルティング企業とKaienとのコラボレーション 発達障害支援のプロが職場に常駐し職場環境を整備

導入ケース3.「先進的な障害者者雇用事例をつくりたい」(ニューロダイバーシティ導入支援)

ニューロダイバーシティとは、脳や神経、それに由来する個人レベルでの様々な特性の違いを多様性と捉えて相互に尊重し、それらの違いを社会の中で活かしていこうという考え方です。経済産業省が産業人材の政策として推進しており、女性活躍やLGBTQなどに次ぐダイバーシティの取り組み領域として、先進企業による取り組みが広がっています。(参考:経済産業省の政策「デジタル分野におけるニューロダイバーシティの推進」のプロジェクトにKaienが参画

■ 貴社に最適なプランを提案します、まずはご相談ください

これまでにグリー特例子会社様Yahoo! JAPAN様サザビーリーグHR様をはじめ、多数の企業様(こちら)の導入実績がございます。

採用支援コンサルティングは、雇用人数の規模や期間、ご希望内容に合わせて、提供サービスをカスタイマイズいたします。概算の費用を簡易見積いたしますので、ご関心のある方は以下ボタンから簡易見積フォームを送信してください。


c. 伝統工芸と福祉の連携モデル「DenPuku」

DenPuku(伝福連携)は伝統工芸の技術承継を、障害者雇用を通じて企業が応援する新しい雇用モデルです。

既存の障害者雇用は「事務作業」「軽作業」がほとんど。手先の器用さを活用したい人、創作に自信がある人、職人的なキャリアを目指したい人には不向きでした。

そんな中DenPukuは、障害のある人が

  • ロケーションフリーで内職型も選べるので、地域に縛られず自分の職人芸を磨く場であり
  • ノベルティ作成から伝統工芸に携われ、スモールステップで職人になる道が開くことが出来て
  • 場合によっては本物の伝統工芸を継承する立場として一本立ちできる可能性のある

次世代につながる雇用モデルです。


無料相談申込フォーム

経験豊富な障害者雇用の専門コンサルタントがお話しを伺います、まずは気軽にご相談ください
人事担当者向け 無料セミナー(約1時間)
日時イベント申込
オンデマンド配信ゼロからはじめる障害者雇用「小売業編」 ~業種別の障害者雇用事例シリーズ 第1回~リンク
オンデマンド配信はじめて発達障害の部下を持つ上司のための「基礎知識・初期対応・マネジメント講習」リンク
2022/08/19(金)
13:30
これだけ知っておけば安心! はじめて障害者雇用にチャレンジする企業向け「スタートアップセミナー」リンク
2022/08/25(木)
13:30
障害者雇用における面接のキホンをレクチャー「精神・発達障害者の採用面接 初心者講習」リンク
2022/08/26(金)
13:30
経産省推進事業「ニューロダイバーシティ人材活用」 導入支援プラン 人事ご担当者様向け説明会リンク
2022/09/01(木)
13:30
「合理的配慮」議論を始めていますか? 一般企業でも合理的配慮が義務化される2024年に向けてリンク

まずはお気軽にご相談ください

ご相談は無料です。メールまたはお電話にて問い合わせください.

お問い合わせ先

メールアドレス : rep@kaien-lab.com
電話番号 : 050-2018-1066