MENU
HOME 企業の方へ 毎週開催!人事ご担当者様向け 障害者雇用無料セミナー

毎週開催!人事ご担当者様向け 障害者雇用無料セミナー発達障害の方の雇用ならKaienの説明会へ 人事向けセミナー 職業訓練も見学できる・当事者と話もできる

人材の取り合い!? 障害者雇用率の引き上げにどう向き合う

2018年4月に雇用率が2.2%に引き上げられました。その後も3年以内に(具体的な時期は未定)に2.3%への引き上げが決まっています。人数が限られ転職マーケットにはほとんど出てこない身体障害者メインに考えている企業様の中からは「人材が枯渇」し「取り合いになっている」という声が聞こえています。実際、身体障害者に限ると、障害者雇用は「完全な売り手市場」です。

一方で足元を見ると2017年には精神障害(含・発達障害)が新規採用の最大数を占めることが予想されるなど雇用情勢が確実に大きく変わってきています。実際、精神障害の方や発達障害の方に着目した企業は着実に雇用数を伸ばしています。しかし精神障害(うつ、双極性障害、統合失調症等)は雇用の安定が難しく、なかなか定着してくれないという悩みを抱える企業様もいらっしゃいます。

発達障害の力 最も安定し戦力化しやすい障害者雇用

Kaienは創業以来、発達障害(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、ADHD、学習障害等)に特化しています。最新の調査『障害者の就業状況などに関する調査研究』(2017年 JEED)によると、発達障害の定着率は最も高いことが分かっています。その中でも当社でアセスメントを受け、職業訓練を受けた修了生は90%を優に超える定着率を誇っています。

  • 1年後定着率 当社実績: 90~95%
  • 1年後定着率 研究結果: 発達障害 71.5% 知的障害 68.0% 身体障害 60.8% 精神障害 49.3%

障害者雇用のノウハウを凝縮 人事の方向け無料説明会

当社の無料説明会は、障害者枠の基礎の基礎から、他社にはない発達障害の視点からの深い洞察まで、幅広い知識が得られるだけではなく、実際に職業訓練を受けている求職者にお会い頂くことも可能です。障害者雇用だけではなく、いわゆる一般枠で働く既存社員で発達障害の疑いがある方の雇用管理もご相談ください。

特徴1 障害者雇用のイロハをご説明

◯ 障害者雇用率の引き上げ。どのように対応すべき?
◯ 中小企業でも障害者雇用が必要?
◯ 雇用すると助成金がもらえるの?手続きは?
◯ なぜ勤怠が安定しない?転職してしまうの?
◯ どんな仕事を任せれば良い? 配慮のポイントは?
◯ なぜ雇いやすい”障害者”は労働市場で見つけづらいの?

特徴2 発達障害の雇用のポイントを解説

◯ 当社オリジナル 発達障害のチェックリスト
◯ 発達障害と精神障害との違いと共通点
◯ あなたの職場にもいる?発達障害の身近さ
◯ 福祉よりも企業人のほうが上手!?接し方のポイント

特徴3 実際に会える・話せる・確認できる

◯ 発達障害の人のコミュニケーション力を確認
◯ 配慮のポイントを当事者からヒアリング可能
◯ どういう職業訓練を経てきているか業務レベルが分かる
◯ 業務の場面を見ることで雇う時のイメージがわきやすい

これらに加えて、GREEYahoo!JAPANサザビーリーグ など多様な業界・企業の障害者雇用を支援した実例も交えた2時間弱のセミナーとなります。

≪人事ご担当者様向け≫ Kaien 障害者雇用無料セミナー

  • 日 程: 水曜 14時~(※終了後に個別相談も可能です)
  • 会 場: Kaien代々木(代々木駅 徒歩約6分) Kaien大阪天六(天神橋筋六丁目駅 徒歩約3分)
  • 特 徴:
    • 障害者雇用のイロハをご説明(障害者雇用の3大困難と処方箋)
    • 発達障害の雇用のポイントを解説(安定して、長期間、戦力として活躍するために)
    • 実際に会える・話せる・確認できる(実際に雇う場合のイメージをつける)
  • 内 容:
    • レクチャー:障害者雇用について、発達障害の雇用のポイントについて
    • 就労移行支援訓練ご見学 当事者のプレゼン
    • 質疑応答/情報交換
  • 対 象: 企業人事ご担当者様・障害者雇用ご担当者様
  • 定 員: 数社(先着順)
  • 費 用: 無料
  • 申込み: 下記オンラインフォーム にご記入ください。(回答が難しい場合は メールにてご連絡下さい。)
  • 問合せ: rep@kaien-lab.com
  • 資 料: PDF(ダウンロード)

お申込み オンラインフォーム