MENU
HOME宮尾医師 寄稿記事女性のADHDの治療の方法

◆女性のADHDの治療の方法
ADHDの主な治療方法は、「薬物療法」と「環境調整」です。

この二つの取り組みを並行することで、
生活上の悩みを解消していくのが基本方針となります。

治療の第一歩は、「理解すること」
治療の第一歩は、女性のADHDを理解することです。
発達障害の情報は、多くの場合、男性の症例を
中心にまとめられています。
そのままでは参考にできないこともありますので、
女性のADHD原因・特性・対応法などの情報を
参照する必要があります。
特に、女性の場合に起こりやすい悩みや、
誤解されがちなことをおさえておきましょう。

理解できたら、生活面の調整を始めます。
本人の行動パターンを見直ししていくのはもちろん、
周囲の家族が、本人への対応の仕方を変える、
言葉がけを変える、といったことも大切です。
日常の様々な生活環境をADHDの特性に合わせて
調整することで、生きづらさがやわらいでいきます。

薬を活用することで、劇的な改善も

生活面を調整しても、状況が改善しない場合や、
受診した時点で、生活への支障が大きい場合などは、
薬物療法を受けます。

ADHDの治療薬を使うことで、
「不注意」などの中核的な特性がやわらぎます。
ただし、その場合でも、生活面の調整も合わせて行っていきます。

 

苦手なことが治療の対象になる

治療の対象となるのは、生活上の支障となっている事柄です。
苦手で、自力で対処しきれないところを、治療によって補います。

例えば、ある女子生徒が
「部活の仲間と一緒に運動することは自力で十分にできるが、
予定や持ち物の管理が苦手…」という場合は、
そこを治療の対象として補っていくことになります。

 

特性は、良い面もたくさんある

治療が必要…と必要以上に思いつめる必要は全くありません。
前述の女子生徒の例で言えば、「運動」「部活動」など、
得意で意欲的に取り組めていることには、治療は必要ないのです。
「ミスをしない」「人の話を聞く」ということが苦手で、
その背景に「不注意」の特性があるのであれば、
治療によって、困難を軽減していくことができます。
いずれにしても、女性のADHDにはどのような特性があるのか、
そして、どんな対応ができるのかを、本人と家族、
両方がしっかりと理解しておきましょう。

 

◆女性のADHDを理解するのに最適な本

『女性のADHD』どんぐり発達クリニック宮尾益知監修(講談社)

女性に特徴的な現れ方・背景をはじめ、
診断・治療のポイントから周囲との付き合い方まで
丁寧に解説してあり、実生活に即した内容です。

監修 : 宮尾 益知 (医学博士)
東京生まれ。徳島大学医学部卒業、東京大学医学部小児科、自治医科大学小児科学教室、ハーバード大学神経科、国立成育医療研究センターこころの診療部発達心理科などを経て、2014年にどんぐり発達クリニックリンクを開院。
ご利用説明会・見学会 発達障害の方向け マイナーリーグ面接会 大人の発達障害Q&A ガクプロ-ガクセイからプロフェッショナルへ 企業の方へ Kaienパートナー 加盟店募集 採用情報 TEENS-発達に凸凹のあるお子様向けの学習支援&お仕事体験
閉じる
チャットで質問 チャットで質問
お気軽にご質問ください。