TVゲームで症状改善!?子どものADHDとLD

HOME宮尾医師 寄稿記事TVゲームで症状改善!?子どものADHDとLD

TVゲームで症状改善!?子どものADHDとLD

軽度発達障害について、テレビゲームを用いて学習能力や行動を改善するための研究を進められていたことをご存知でしょうか。注意欠陥多動性障害(ADHD)や学習障害(LD)などの子どもも、テレビゲームは大好きというケースが多いからです。

ディスレキシア(発達性難読症)

ディスレキシア(発達性難読症)の子どものために開発されたのが、ひらがな学習用のテレビゲームです。ディスレキシア(発達性難読症)とは、学習障害の一種で、知的能力や知覚能力に明らかな問題がないにも関わらず、文字をきちんと書いたり読んだりできないという障害です。

このひらがな学習用のゲームの仕組みは、以下のようなものです。まず、二重液晶ディスプレーに、「あ」という立体的な文字が、縦の棒、横の棒と「の」の三層の組み合わせとして示され、つぎに「あ」と関係した絵と発音が示されます。

宮尾先生によると、「こうやって見ると、『あ』という文字は、十字に重なる二本の棒と『の』という字から成り立っていることがわかります。ディスレキシアの子どもは平面的に書かれた文字を図形として見てしまい、書き順が覚えられません。ですが、彼らは空間認識能力が優れている場合が多く、こうして見せると文字を正しく理解できるようになったり、上手に書けるようになるのです。」

このように、五十音のひらがなを立体的に見ることで、書き方や読み方を覚える単純なゲームですが、子どもたちは楽しそうに取り組んでいます。ゲームのおもしろさは、見た目の楽しさより、できなかったことができて『うれしい』と思わせることがポイントになるといいます。

こうした娯楽以外の目的のゲームを「シリアスゲーム」といいます。

宮尾先生は、新しいシリアスゲームの可能性として、「現代の子どもたちに最も欠けている社会性を養うためのゲーム、すなわち他人の気持ちを理解できるようになるゲームが作れないか」と考えているそうです。「知的能力に問題はないのに、他人の立場や気持ちが理解できない子どもたちがたくさんいます。ゲームを使って理解しやすい形で教えれば成長できるのではないでしょうか」と話しています。

早稲田大学子どもメディア研究所とゲーム会社「バンダイナムコゲームス」などと協力しながら、市販の娯楽用ゲームについて、軽度発達障害児への影響なども調査しました。その結果、テレビゲームがこのような子どもたちに与える影響について、感情を抑えることや日常生活のルールを学んだり、コミュニケーションを改善する可能性もあることがわかってきています。ゲームの中に出てくる言葉や文字を自然に覚えてしまう子どもも多く、学習支援にも応用できる可能性を秘めています。

「ゲーム」そのものが悪いのではない?

「ゲームを安易に悪者だと決めつける必要はありません。来院する子どもの親が『ゲームばかりしていて心配』と訴えますが、『そんなにゲームが好きなの?』と子どもたちに聞くと、『別に』というのです。ゲームに逃げ込むしかない家庭環境に問題があることも少なくないのではないでしょうか。子どもにとって、ゲームをするのは、父親が仕事から帰ってきて、ビールを飲みながらテレビで野球やサッカーを見ているのと同じなのです。子どもがゲームをするのは、緊張の糸をほぐす側面があるのを忘れてはいけません。これは障害のない子どもたちにもいえるでしょう。ただ、身体的に悪影響を及ぼすほどゲームを行えばよくないのはもちろんです。ほどほどにすることが大切ですね」と宮尾先生はアドバイスしています。


監修:宮尾益知(医学博士)
監修 : 宮尾 益知 (医学博士)

就労移行・自立訓練(生活訓練)・ガクプロなど 発達障害・グレーゾーンの方向け 支援策をご案内しています

オンラインでも事業所でも。ご家族だけでもご参加いただけます。個別無料相談も予約可能です。

予約専用ダイヤルは平日10~17時のみ対応。
03-5823-4960(東京)045-594-7079(神奈川)050-2018-2725(埼玉)050-2018-7832(千葉)06-6147-6189(大阪)