【専門書紹介コーナー】『ASD(アスペルガー症候群)、ADHD、LD 大人の発達障害 日常生活編: 18歳以上の心と問題をサポートする本』

HOME宮尾医師 寄稿記事【専門書紹介コーナー】『ASD(アスペルガー症候群)、ADHD、LD 大人の発達障害 日常生活編: 18歳以上の心と問題をサポートする本』

◆専門書紹介コーナー◆

オーク発達アカデミーの読者の皆様から、たびたび寄せられる

「どんな本がおすすめですか?」

というお声にお答えして、宮尾先生が解説・監修をしている発達障害の専門書をご紹介します。
あなたのお悩みにぴったりの一冊を探してみてくださいね。

 ◆ ◆ ◆

『ASD(アスペルガー症候群)、ADHD、LD 大人の発達障害 日常生活編: 18歳以上の心と問題をサポートする本』
(親子で理解する特性シリーズ)
単行本 – 2017/10/21

発達障害から「うつ」への二次障害が起きている。日常生活でのトラブルをのりこえて、二次障害へ向かわないための処方を丁寧に解説。

「空気が読めない」、「恋人ができない」、「毎日の家事ができない」

発達障害の大人が起こしてしまう、日常生活のトラブルを防ぎサポートする本です。

ここ数年、発達障害が注目され始めるとともに社会の意識の変化や法律の整備によって、少しずつ社会的な支援も広がりつつあります。しかし、発達障害の基本的な特性は大人になっても変わることはなく、周囲の誤解を招くことも多いようです。そのため、大人になってからも、普段の暮らしの中でさまざまな問題行動から周囲とトラブルになってしまったりする場合もあり、孤立して悩んでいる人たちも多いのです。

この本は、発達障害の大人が陥りやすいトラブルやサポートする方法をわかりやすく解説しています。発達障害の子どもが成長して大人になるまでを診続けている宮尾益知先生が監修し、ASD(アスペルガー症候群)、ADHD、LDの特性を理解しながら、日常生活での対応策、適切な支援の方法がわかる本です。

目次

第1章:発達障害の特性は、大人になっても変わらない

第2章:日常生活で起きやすい代表的なトラブルと対応策 ASD編

第3章:日常生活で起きやすい代表的なトラブルと対応策 ADHD編

第4章:日常生活のトラブルと対応策 交友・恋愛編

第5章:日常生活のトラブルと対応策 子育て・夫婦関係編

第6章:二次障害と薬物治療

第7章:大人の発達障害 専門医からのアドバイス

発達障害の方が大人になってから直面する問題とは? 他


監修:宮尾益知(医学博士)
監修 : 宮尾 益知 (医学博士)

就労移行・自立訓練(生活訓練)・ガクプロなど 発達障害・グレーゾーンの方向け 支援策をご案内しています

オンラインでも事業所でも。ご家族だけでもご参加いただけます。個別無料相談も予約可能です。

予約専用ダイヤルは平日10~17時のみ対応。
03-5823-4960(東京)045-594-7079(神奈川)050-2018-2725(埼玉)050-2018-7832(千葉)06-6147-6189(大阪)