ADHD(注意欠陥・多動性障害)の症状

HOME宮尾医師 寄稿記事ADHD(注意欠陥・多動性障害)の症状

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の症状

発達障害は、大きく3つに区分することが出来る一方、それぞれに明確な境界線はないのですが、やはり「これって、発達障害?亅という違和感や気付きから、「発達障害」について調べる方が多いことも事実です。

それぞれ、特徴となる症状を見ていきましょう。今回は、注意欠陥・多動性障害[ADHD]についてです。

注意欠陥・多動性障害[ADHD]とは

大きな特徴は、<不注意>、<多動性>、<衝動性>の3つです。

「注意力」や「欲求、感情の動きを自分自身でコントロールする能力」が、十分に身についておらず、自己中心的な行動が目立つ状況です。過去の情報を手がかりに実行していく「実行機能の障害」と、眼前の報酬に飛びついてしまう「報酬系の障害」、「段取りと時間概念の障害」の3つが、様々に組み合わされていると考えられています。

最近では、純粋なADHDはそれほど多くなく、他の発達障害が重複している例が多いことがわかっています。
年齢が上がるにつれて、ADHDとしての特徴が次第に解消し、代わりにそれまで隠れていた、アスペルガー症候群などの特徴が出てくるような例が増えています。

3つの大きな特徴

不注意
  • 集中力がない
  • 忘れ物が多い
  • 簡単なミスが多い
  • 特定のことに注意をとめておくことが困難で、課題に取り組んでもすぐに飽きてしまう
多動性
  • 座っていられず、フラフラと席を離れる
  • 整理整頓ができない
  • 貧乏揺すりをする 
衝動性
  • 思いつくとすぐ行動する
  • 外界からの刺激に対して、無条件に反射的に反応してしまう
  • 刺激に反応して、まるでエンジンがかかったように走りまわったり、机に上ったりする 

他の障害を併せ持つことも

ADHD(注意欠如・多動性障害)の子どもは先に述べた主な特徴に加えて、他の障害をあわせもつ場合が多くあります。

  • 学習障害を持っている場合 → 6割
  • 不安障害、気分障害を持つ場合 → 2~7割

これらの症状が7歳以前から見られるようになり、半年以上、症状が続くようになります。なんと、児童の3~5%に見られる症状で、クラスの中で1~2人は存在することになります。割合で考えると、非常に身近と言えるのがADHDの特徴です。


監修:宮尾益知(医学博士)
監修 : 宮尾 益知 (医学博士)

就労移行・自立訓練(生活訓練)・ガクプロなど 発達障害・グレーゾーンの方向け 支援策をご案内しています

オンラインでも事業所でも。ご家族だけでもご参加いただけます。個別無料相談も予約可能です。

予約専用ダイヤルは平日10~17時のみ対応。
03-5823-4960(東京)045-594-7079(神奈川)050-2018-2725(埼玉)050-2018-7832(千葉)06-6147-6189(大阪)