MENU
HOME 大人の発達障害Q&A 知能検査とはどんなもの?

知能検査とはどんなもの?

➡ 知能検査とは何?
➡ WAIS-Ⅳとは何?
➡ どこで検査をしてもらえる?費用はかかる?

知能検査とは何?

知能検査とは、個人の特性(得意なことや苦手なこと)がどのような点に現れるか、知能や発達の水準を客観的に明らかにするための検査です。

「知能検査」と一口に言っても、様々な種類のものがあり、年齢や調べたいことなど、その時の状況や目的によって適切なものを実施します。複数の検査(知能検査以外の検査も含めて)を組み合わせて行うこともあり、これを「テストバッテリーを組む」と表現します。

検査を受けることのメリットは大きく3つあります。

1つ目は、「他の人と比較して自分の特徴を知ることができる」ことです。

学校のテストに置き換えて考えてみましょう。英語のテストで、70点の成績だったとします。この点数が高いのか低いのか、一概には判断できません。クラスの全員が100点をとったテストなのか、平均点が30点のテストだったかによって、70点という点の意味が変わるからです。それと同じように、検査を受けることで一般的な水準と比べて自分の状態はどうか、ということが把握できます。

2つ目は、「自分の中での能力の凸凹を知ることができる」ことです。

またもや、学校のテストに置き換えて考えてみましょう。英語のテストは70点でしたが、数学、国語、社会、理科は90点をとれていたとします。この場合、おそらく英語の力がやや弱い状態だということが分かります。このように、検査を受けることで、複数ある項目について能力のばらつきがあるかどうかを確認することができます。

例えばWAIS-Ⅳでは言語理解、知覚推理、ワーキングメモリー、処理速度の4つの項目がありますので、この4つの項目(あるいはもっと細分化された項目)について、力の凸凹があるかどうかを確認できます。一方で、当たり前のことですが、項目にない力を測ることはできません。5教科のテストだけでは、美術に関する力がどの程度あるかは判断できないのと同じです。そういった場合、複数の検査を実施して多面的に特性を理解するために、テストバッテリーを組むのです。

3つ目は、「今後の生活を送りやすくするためのヒントになる」ことです。

例えば、「業務中に上司からの指示が伝わらない」とされているAさんがいたとしましょう。この困りごとを解消するために、「なぜAさんには上司からの指示が伝わらないのか」を考えていく必要があります。そんな時、例えば発達検査の結果があると、

  • 「Aさんは耳から入った情報を記憶しておくことが苦手だから、メモにして後からでも確認できるように指示を渡せばいいかもしれない。」
  • 「Aさんは言葉で理解することが苦手だから、もう少し具体的に、分かりやすい言葉で説明すればいいかもしれない。もしくは、言葉ではなく図や表にまとめて伝えたほうがいいかもしれない。」

など、結果をもとに仮説を立てることができます。

また、自分自身の特性についてほかの誰かに伝える際に、客観的な資料としてこのような検査結果が役立つことも多いでしょう。例えば大学などで、合理的配慮を希望する際に、支援のための根拠資料を提出することがありますが、このような検査の結果や所見も根拠資料として有効になるでしょう。

検査によっては結果が点数として出されることがありますが、単に点数が高ければよい、低いから悪い、ということも言えません。全体的な発達の様子がゆっくりなのか、得意なことと苦手なことの差が大きいのかなど、検査全体の結果からご本人の状態を把握し、日々の生活がよりよくなるような手立てを考えることが検査の目的です。

したがって、「検査を受ける前に練習をすればよい成績が取れるかも…」と考えて練習することは望ましくありませんし、一度検査を受けた後、次に同じ検査を受けるまでには一定期間時間を(最低でも1年程度)空ける必要があります。

やや専門的な言い方をすれば、「学習効果」が生まれることを避ける必要があります。同じような理由で、検査の内容を外部に漏らすことは、検査を実施する人にとっては最大のタブーです。事前に検査の内容が分かっている人に対して検査を実施しても、正確な情報は得られないからです。ご本人のありのままの状態を確認することではじめて、今後の生活に検査の結果を生かせるようになるのです。

検査の結果からわかることはたくさんあります。一方で検査を受けて知ったことだけが「万能薬」になるわけではありません。検査の結果だけで障害の有無を判定することもありません

検査結果がご本人の状況にぴったり当てはまることもあるでしょうし、そうではないこともあります。例えば初めての環境では緊張しやすい人が、初めて訪れた場所で初めて会った検査者と検査を行った場合、緊張のせいで実力を十分に発揮できないかもしれません。(もちろん、検査者はそういった個々の状況を踏まえて検査を実施したり、分析をしたりはします。)検査結果は、あくまでもご本人の特性を知る一つの資料です。

検査結果も踏まえつつ、日頃ご本人が感じていること、困っていること、周囲の人がご本人を見て感じること、その他様々な情報を統合しながら、ご本人の状態を把握していきます。やや専門用語的に言うと、このようにご本人の状況を多面的にとらえることを「アセスメント」と呼びます

WAIS-Ⅳとは

WAIS-Ⅳとは、ウェクスラー式知能検査の成人用、WAIS(ウェイス)の第4版のことです。発達障害のある方の現在の発達・知能の水準や、凸凹の様子をとらえるためにしばしば用いられます。

ウェクスラー式検査は、年齢に応じてWPPSI(幼児用)、WISC(児童用)、WAIS(成人用)の3つがあります。WAISは2018年11月現在、最新版は第4版です。検査内容がその時代に合っているか、検査の項目は妥当か、課題の分量は妥当かなど、検査は都度改定されています。

ちなみにWAIS-Ⅳは日本では2018年から利用され始めているので、しばらくはWAIS-Ⅲを実施する機関もあるでしょう。

先程ご紹介したように、WAIS-Ⅳでは大きく分けて「言語理解」「知覚推理」「ワーキングメモリー」「処理速度」という4つの指標と、それらを合わせた総合的な指標(全検査IQ)で個人の特性を評価します。それぞれの指標にはより細かな「下位検査」が設定されており、下位検査の得点状況も踏まえながらご本人の特性を分析します。例えるなら、「国語」「数学」「理科」「社会」という4つの指標で学力を評価する際、国語の能力はさらに「読み」「書き」「表現」の3つの下位項目に細分化される、というようなイメージです。

検査にかかる時間は大体90分前後ですが、これには個人差があります。

どこで検査をしてもらえる?費用はかかる?

WAIS-Ⅳに限ったことではありませんが、こういった知能検査は誰もが気軽に検査者になれるわけではありません。日本には専門の資格こそありませんが、適切な内容の訓練を受けた人だけが検査を実施することができます。例えば、臨床心理士やそれに類する心理職などが分かりやすい例です。その他の場合は基本的に医療機関(精神科)や個人で運営しているクリニックで実施されることが多いです。

公的な病院での検査は保険内診療になりますが、個人運営のクリニックでは自費診療になります。また検査とは別に検査結果を踏まえた所見が必要な場合(ほとんどの場合は必要になるでしょう。数値だけではなく、その数値がどのような意味を持つのかが分かりやすくまとめられているのが所見です。)は、保険内診療であっても別途費用が掛かります。

自費で検査を受ける場合、各クリニックによって設定される金額は異なりますので、まずはお近くのクリニックのHPを確認してみるとよいでしょう。相場は1万円~2万円です。

大学生の場合、大学によっては学内の保健管理センターで臨床心理士などの資格を持つカウンセラーが実施してくれる場合もあります。また大学が外部に向けて開いている心理相談室のような場所で、所属の学生に限らず一般の方も検査を有料で申し込めることもあります。この場合は、一般的な自費診療よりも費用が安いことが多いようです。

知能検査は、自分自身を客観的に知るための一つの資料です。検査結果の数字だけにとらわれず、明日からの生活でどんな工夫ができそうか、より快適に生活が送れるように、検査結果を活用しましょう。