EY JapanとKaienが共同設置「ダイバース・アビリティ・センター(DAC)」日本経済新聞 ビジネス面で報道

HOME最新情報EY JapanとKaienが共同設置「ダイバース・アビリティ・センター(DAC)」日本経済新聞 ビジネス面で報道

EY Japanと当社が共同で設置した「ダイバース・アビリティ・センター(DAC)」。日経新聞のビジネス面で取りあげられました。EY Japanのニュースリリースとともにご確認ください。

EYジャパンは発達障害などを抱える人材の活用推進に向けた新組織を社内に立ち上げた。就労機会に恵まれない人材を発掘し、能力を生かして翻訳や調査などの専門業務を担ってもらう。業務管理など支援体制を整える。多様な人材が交流することで組織の活性化にもつなげる。発達障害者の就労支援を手がけるKaien(カイエン、東京・新宿)と共同で社内に「ダイバース・アビリティ・センター(DAC)」を設置。

EY Japan(東京都千代田区、チェアパーソン 兼 CEO 貴田 守亮)は、精神・発達障がいの診断のあるニューロダイバーシティ*¹人材の雇用や就労状況の改善を目指し、個々人に合った柔軟な働き方を試しながら、専門的なスキルとキャリアを習得することができる組織として、Diverse Abilities Center(DAC、ダイバース・アビリティズ・センター)を株式会社Kaien(東京都新宿区、代表取締役 鈴木 慶太)と共同で発足(2022年6月1日付)し、第1期生として22名を採用したことをお知らせします。なお、本DACは、EY Japanの全社的な取り組みであり、特例子会社の設立ではなく、EY Japanのマーケッツ部門内に新チームを組成して支援体制を構築しました。

メディア掲載情報

 

就労移行・自立訓練(生活訓練)・ガクプロなど 発達障害・グレーゾーンの方向け 支援策をご案内しています

オンラインでも事業所でも。ご家族だけでもご参加いただけます。個別無料相談も予約可能です。

予約専用ダイヤルは平日10~17時のみ対応。
03-5823-4960(東京)045-594-7079(神奈川)050-2018-2725(埼玉)050-2018-7832(千葉)06-6147-6189(大阪)