MENU
HOME 発達障害とは 職場での工夫

職場での工夫

ご本人に、そして周囲の方に

 職場での環境整備、職業生活全般のサポート機関など、働く上で支えとなる情報をまとめました。発達障害の方が特性を発揮して働くために職場でできる工夫には様々なものがありますが、代表的なものは以下のとおりです。

【参考】大人の発達障害者向けの職業訓練・就活支援
【参考】発達障害(疑い含む)のある大学生・専門学校生向け”ガクプロ”
【参考】見学/相談/利用希望の方は ”ご利用説明会”へ

『TEACCH(ティーチ)法』

 米国ノースカロライナ大学でつくられたTEACCH法は様々な現場で取り入れられています。端的に言うと視覚化・構造化です。発達障害の方は耳でインプットされた情報よりも、目で見た情報の方が伝わりやすいことを活用したコミュニケーション方法です。具体的には、指示を出すときに、ミニホワイトボードや紙に同時に書きながら伝えたり、ちょっとのことでもメールで指示を出すことを徹底したりするなどです。

メモ帳

『時間と手順の見通し』

 これもTEACCH法に準拠したものですが、発達障害の方は予想できない予定や状況に弱いケースがあります。このため出来る限り予定や手順に見通しをつけてあげると落ち着いて仕事が出来るケースがあります。(見通しがつかない部分は、「ここは未確定」などと伝えておけば、対応可能な場合が多いようです)

時計

『指示系統を簡略化する』

 日本の職場は責任と権限が不明確で、これも発達障害の方の多くを混乱させます。指示系統をはっきりと簡略化することで、本人のストレスを大きく下げるケースもあります。

『昼寝・短時間労働』

 発達障害の方は真面目な人が多く、職場で手を抜くということが苦手です。このため昼食時に10分程度でもゆっくりと昼寝ができたり、1,2時間でもフルタイムよりも短めに働けたりすると、安定して長時間業務を行えるケースもあります。

『こだわりにこだわらない』

 発達障害の方は自分独自の方法を貫きたいと主張するケースがあります。いわゆるホウレンソウと結果さえ問題なければ本人のしたいようにさせ、周囲があまりこだわりにこだわらないことも必要です。

『五感過敏への対策ツール』

 発達障害の方には五感が鋭敏すぎる人もいます。例えばザワザワしたところで上手に相手の話を聞き取れない人は、声以外の周囲の雑音も耳で拾ってしまっている傾向があります。このため勤務中もイヤホンなどを使い弱音で音楽を聞くと効果があります。またPCや蛍光灯の発する光が苦手なため、サングラスなどを着用すると落ち着く人もいます。

ヘッドホン

『ロジカルに付き合う』

 飲み会への同席や昼食時のちょっとした会話など日常的な人付き合いが苦手な人が多くいます。また殆どの人が体育会系のノリを嫌います。業務で結果さえ出していれば、ロジカルな、サラッとした人付き合いをしたほうがかえって負担にならないケースが多いようです。

『ナラティブ・アプローチ』

 自分の論理、自分目線のストーリーに執着しがちな発達障害の方たちに対するアプローチ方法です。複数の立場の違う他者が、例外的な考え方も交えながら複数のストーリーを語りかけ、ひとつのことにひとつの意味やストーリーしか見いだせずに苦しんでいる人たちに新たな視点を与える方法です。

当社でのアプローチ

推奨書籍・冊子

 Kaienがお勧めする書籍・冊子です。当社のノウハウに近いものをご紹介します。

「発達障害を理解するために2 ~就労支援者のためのハンドブック~」

 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構の障害者職業総合センターがまとめた、発達障害者の就労支援に関する冊子です。付属のリーフレットとともに活用します。障害者職業総合センターのウェブサイトから無料でダウンロードできます。当社代表の鈴木が作成に携わっています。2012年3月発行。

「発達障害を理解するために2 ~就労支援者のためのハンドブック~」・付属リーフレット「発達障害について理解するために ~事業主の方へ~」リンク

発達障害とは?
大人の発達障害Q&A 一覧

関連ページ

発達障害の特性を活かした就職を! 就労移行支援などをご紹介中! 
ご利用説明会は オンラインフォーム または
03-5823-4960 / 045-594-7079 (平日10~17時)で
ご予約ください