MENU
HOME 大人の発達障害Q&A 発達障害に向く仕事を考える ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)編

発達障害に向く仕事を考える ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)編▽職人的な仕事が良い? ▽公務員はあっている? ▽コミュニケーションを鍛えるためわざと苦手な仕事をすべき?ASD・アスペルガー仕事

  1. 職人的なもの、伝統工芸、農作業などが特性にあいそうです。このような仕事への就職活動はどうすればよいですか?
  2. 定型業務が良いなら公務員はどうでしょうか?
  3. 発達障害に良いといわれるコツコツ系・ルーティン系の仕事だとお給料が低いようです。それなりの給与がもらえる仕事はありますか?
  4. コミュニケーション力を鍛えるためにわざと苦手な仕事をすべきですか?

Q1. 職人的なもの、伝統工芸、農作業などが特性にあいそうです。このような仕事への就職活動はどうすればよいですか?

DSC01996m

 確かに発達障害の方で職人的なものに出会えれば強さを発揮できる方は多いです。職人になるには手先が器用であること、その分野が本当に好きであること、の2つの条件が必要だと思われます。これらが当てはまれば挑戦することも可能でしょう。

 ただし残念ながら21世紀の日本では、職人的な部分だけでは足りません。職人は自営業の方が多いため、自分で経理をしたりマーケティングをしたりと、経営につきもののマルチな仕事をこなす力が必要です。

 またこういった職人系の分野は、コツコツした部分が上手に言語化・体系化されておらず、マニュアルがありません。発達障害の方が苦手な阿吽の呼吸、見て学べ、的な部分が多いところだと思っています。つまり”職人系”と言っても同時並行に動く部分が多く、かつ目に見えないルールが多い職場でもあります。このため現実的には職人系はもろ手を挙げてお勧めできる分野ではありません。

 伝統工芸は人材不足の業界であり、行政で様々なサポートをしている部分です。まず担当の行政にお問い合わせをされるとよいと思います。

【参考】大人の発達障害者向けの職業訓練・就活支援
【参考】発達障害(疑い含む)のある大学生・専門学校生向け”ガクプロ”
【参考】見学/相談/利用希望の方は ”ご利用説明会”へ

Q2. 定型業務が良いなら公務員はどうでしょうか?

officer

 公務員の仕事は定型と思われている方が多いようですが、最近は定型部分はすでに業者に委託しており、職員が行っているのは企画・調整など多くの発達障害の方に苦手な業務となっています。

 公務員試験は”受験”があります。このため大学受験の延長線上のように感じやすいためか、公務員試験を受ける方は非常に多いのですが、苦手な分野がある程度できたり、専門職での受験をしたりと、作戦をかなり練らないと難しいと思います。

 公務員の障害者枠ならどうか、というご質問もよく受けます。公務員ではフルタイムの障害者採用は身体障害者がほとんど。知的障害者や発達障害者向けの「チャレンジ採用」という3年限定の雇用枠は各地にありますが、フルタイム(正職員)にはさせてもらえないものばかりのようです。つまり障害者枠に限っては民間企業のほうが(任せる職種の多様さや給与の高さでは)進んでいると思いますし、安定も民間企業のほうがしやすいと思います。

Q3. 発達障害に良いといわれるコツコツ系・ルーティン系の仕事だとお給料が低いようです。それなりの給与がもらえる仕事はありますか?

 上の二つで見た通り「定型業務」への適性は確かにあるので、繰り返し、コツコツとする仕事は向いています。また人との接する場面の多い上流工程(お客様の要望や自分の会社の状況を考えながら可能なサービスや商品を考え調整する部分)ではなく、「下流工程」(変化が少なく、ルーティンを定められた通りに行う部分)の仕事は確かに向いているでしょう。ただし「定型業務」「下流工程」はたしかに多くの人ができる可能性があり、給与が低めに抑えられがちです。

 アスペルガー症候群・自閉症スペクトラムの特徴を生かしながら、しっかりと暮らせるだけの仕事は例えば以下のような方法で見つけ出すとよいでしょう。

  • 経理・財務、法務・情報管理、コールセンター、テクニカルサポートなど、ルールマニュアルがしっかりしている職種 
  • プログラマー・テスター、ネットワークエンジニア、電化製品等の販売員、塾での問題作成など、数字・論理豊富な知識で対応できる(人の気分に左右されにくい)職種
  • CADオペレーター、工業系デザイナー、設計士など、視覚情報が重要である職種 

 ルールやマニュアルなど決められたものがあればそれ通りにできることが自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群の人の強みの一つです。経理、財務、法務はもちろん、最近重要性が増す個人情報の管理などは向いているでしょう。またしっかりとマニュアルがあればコールセンターやテクニカルサポートなど対人の業務も問題なくこなしている人もいます。

 また、知識や論理などが重要である一方で、ある程度すべきことが予想されるような仕事もアスペルガー・自閉症スペクトラムの人には向いているでしょう。上ではプログラマーやネットワークエンジニアなどのいわゆるITの中での下流工程の仕事に加えて、知識が豊富なほど営業トークが高まる電化製品の販売などモノの販売業にも適性を感じる人が多いと思われます。

 アパレルやウェブなど感覚が求められやすいデザイナーではなく、工業製品などのデザインやCADといった、機能を求められる部分で、かつ画像や映像など視覚情報のこだわりが生かせるデザインの分野も一般的にASDの特性の強い人にはフィットする職種といえます。ほかにも放射線技師など資格が必要な仕事も自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群の人には合う可能性が高い仕事といえます。

Q4. コミュニケーション力を鍛えるためにわざと苦手な仕事をすべきですか?

interviewsfor

 実はそのような真面目な方が多いのですが、大学生のアルバイトの時には重要な考え方かもしれませんが、フルタイムで働くとなるとお勧めしづらくなります

 ご家庭が裕福だったり、ご自身にしっかりとした資格などある場合は1,2年合っていない道で”修業”するのもありかもしれませんが、どのような仕事でもコミュニケーション能力、対人交渉能力は必要とされ、決して接客や雑務の仕事をすればその能力が身につくわけではないと思います。

 数字で説明すると、接客で行うコミュニケーション能力が10としたら事務では8ぐらいが身につくかもしれないということです。周囲の方や支援者の方と相談することが良いかと思います。

発達障害とは?
大人の発達障害Q&A一覧

関連ページ

発達障害の特性を活かした就職を! 就労移行支援などをご紹介中! 
ご利用説明会は オンラインフォーム または
03-5823-4960 / 045-594-7079 (平日10~17時)で
ご予約ください