MENU
HOME宮尾医師 寄稿記事【シリーズ・ギフテッド】ギフテッドとは?

【シリーズ・ギフテッド】ギフテッドとは?

ADHDASD・アスペルガーIQギフテッド発達障害

ギフテッドと出会うまで

まずは自己紹介をしたい。もともと小児科医であり、卒業して1年経った時に小児神経科を目指すということで、神経生理学などをやってきた。実際にはなぜ人間の脳はこういう動きをするのだろうか、ということに一番興味があり、そういう人たちが重い疾患がある時に、それをサポートするリハビリテーション部門にもいたことがある。それからちょうど発達障害が(世間で)出始めた1980年代には宇都宮大学教育学部の非常勤講師を務めており、教育に携わって6年間、発達障害の生理と病理を手がけた。その後小児精神神経、精神を扱うこととなった。今は発達障害は精神科医療の範囲なので、学習障害、自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害というものに対する治療を、成育医療研究センターというところで行ってきた。

どう治療する?様々なアプローチ

その後現在においても、研究テーマは発達障害ってなんだろうということと、なぜそうなるのか、どう治療しなければいけないのかを考えてやってきた。診察する、薬物を(投与)する、カウンセリングをどうするか、それから、私自身もともとITが割と好きな人間なので、今は診療の現場にロボットを持ち込んでいる。それからソーシャルスキルトレーニングなど、皆でグループでやる場合には、そのためのバーチャルリアリティーのソフトをアドバイスしながら作っており、現場の中でITを使っている。

私がどんぐり発達クリニックを作った理由として、実際は皆ばらばらででこぼこだけど、大きなオークの林に育てたいということを考えていた。基本的に発達障害は精神疾患ではなく、認知障害である。考え方・行動のパターンが違うからそういうことが起こっているという意味で、私自身はあまり精神科で診るようなものではないと考えている。その中で、成人になってからの発達障害の専門家育成や就労支援、それからもう一つ、ギフテッド・アカデミーというものを作っている。

社会からの支援が受けられないギフテッド

 

社会からの支援が受けられない子どもたちと書いたが、これはどういうことかというと、もともと発達障害という言葉はジョン・F・ケネディが発達障害という言葉から、知的障害の人たちに対してサポートするというところから始まっている。その始まっていた知的障害、IQ70以下というのは、マイナス2SD以下であり、その子たちに対して社会がどうサポートするのかというところから始まった。(SD=分布の幅をSD(標準偏差)という数値で表し、基準と比べてどれくらい高いか、低いかを、平均値からSDの何倍離れているかによって数値化し、考える方法。)

ではプラス2SD以上の人たちは何か、それがギフテッドということで、マイナス2SDがサポートしてもらっているのになぜプラス2SDはサポートしてもらえないのだろうか、というのが私の単純な疑問である。

ギフテッドは色々な疾患を起こす確率が高い

もう一つは、発達障害という概念があるが、それに(加えて)ギフテッドでIQ130以上あった場合、余計に大変な状態だろうと思っている。診療の現場で、こういった子どもたちと接する度に痛々しい思いをしてきた。ギフテッドは通常、IQ130以上をとる。ギフテッドは英才児ですごい子どもたちだろうと皆さん思われているようだが、本当の意味でのギフテッドはそのとおりで、想像力もあるし作業能力もあるし、ということが全てできるような人たちである。しかし、IQ130以降の人が皆そうではない。もう一つ大事なことは、IQ130以上の人たちがどれだけ色々な疾患を起こす確率が高いのかということ。インテリジェンスという雑誌からのデータだが、例えば鬱病や不安障害、発達障害はADHD、ADDは注意欠陥多動性障害、ASDは自閉症、それからアレルギーや腸などの免疫疾患のようなものの割合が3倍以上も高いというデータが出ており、要するに脳と身体の両方ともが非常に活発にエキサイティングな活動をしているのだから、色々な病気がおこるのだと言われている。

 

※Kaienでは、職業訓練や求人紹介を通じて適職を一緒に探す「就労移行支援」や、自立に向けた基礎力を養う「自立訓練(生活訓練)」、学生向けの「ガクプロ」などを通じて、発達障害やグレーゾーンの就活や人生の伴走を行っています。今回テーマになっているギフテッドといわれる特徴がある方へも、専門性を活かした支援をご提供しています。

監修 : 宮尾 益知 (医学博士)
東京生まれ。徳島大学医学部卒業、東京大学医学部小児科、自治医科大学小児科学教室、ハーバード大学神経科、国立成育医療研究センターこころの診療部発達心理科などを経て、2014年にどんぐり発達クリニックリンクを開院。
ご利用説明会・見学会 発達障害の方向け マイナーリーグ面接会 大人の発達障害Q&A ガクプロ-ガクセイからプロフェッショナルへ 企業の方へ Kaienパートナー 加盟店募集 採用情報 TEENS-発達に凸凹のあるお子様向けの学習支援&お仕事体験
閉じる
チャットで質問 チャットで質問
お気軽にご質問ください。