MENU
HOME 大人の発達障害Q&A 広汎性発達障害と自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群の違いはなんですか?

広汎性発達障害と自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群の違いはなんですか?自閉症関連の様々な診断名を診断基準の変化とともに整理しますASD・アスペルガー

 発達障害はASD(自閉症スペクトラム)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(限局性学習症)の3タイプに大別されます。このうちASDの特性を持つ方の診断名は過去の診断名も含めて「自閉症スペクトラム(ASD)」「広汎性発達障害(PDD)」「アスペルガー症候群」「カナー症候群」など多岐に渡ります。さらに高機能自閉症、低機能自閉症、といった言葉も用いられます。この記事ではそれらの自閉症関連の診断名の混乱を診断基準の変化のポイントと併せて整理します。

診断基準の改訂で「広汎性発達障害」→「自閉症スペクトラム」に

 実はこうした混乱は、複数の診断基準が存在することや、診断基準の改訂で診断名に変更があったために起こっています。日本で発達障害の診断基準として使われているのは、世界保健機構(WHO)が公表している「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)」と、アメリカ精神医学会が公表している「精神障害の診断・統計マニュアル(DSM)」の2つです。

 1990年代に公表されたICD-10とDSM-4では、広汎性発達障害という大きなグループの中に、自閉症やアスペルガー症候群、また特定不能の広汎性発達障害(PDD-NOS)などが含まれていました。しかし2013年に公表されたDSM-5では細かい分類をなくし、自閉症スペクトラムという大きな1つのくくりにまとめました。2018年6月に公表されたICD-11でも同様に自閉症スペクトラムにまとめられました。つまり広汎性発達障害やアスペルガー症候群は一世代前の、自閉症スペクトラムは現在の診断名ということができます。

 一方で、知的障害や言語障害を伴わない自閉症を、知的障害を伴う低機能自閉症或いはカナー症候群(カナー型自閉症)と区別するためにアスペルガーや高機能の名称を用いるケースや、当事者がその特性に誇りを持って”アスピー”を自称するケースは現在も依然として多くみられます。

【参考】ICD-11発表告知(厚労省)

診断軸は3つ→2つにまとめられ、ADHDとの併存診断が可能に

 広汎性発達障害から自閉症スペクトラムに診断名が変わったことで、診断の要件も変わりました。DSM-4ではいわゆる三つ組みの障害と呼ばれる①社会性の障害②コミュニケーションの障害③こだわりの3つの特性が揃っているかどうかで診断名を決めていましたが、DSM-5では①と②が統合され、Ⓐ社会的コミュニケーションの障害とⒷこだわりの2つの診断軸に変更されています。1つの症状がコミュニケーションの難しさから起こっているのか、社会性が身についていないからなのかは判断がしづらいことが理由と言われています。

 他にも、DSM-5からこだわりの中に感覚過敏や鈍麻が含まれるようになったり、これまでは広汎性発達障害とADHDの両方が疑われる場合は広汎性発達障害を優先して診断していたのが、自閉症スペクトラムとADHDは併存していると診断できるようになるなどの変更がありました。