MENU
HOME 発達障害とは 大人のADHD(注意欠如多動性障害)

大人のADHD(注意欠如多動性障害)▽主な特徴 ▽診断基準・チェックリスト ▽得意な仕事・職業 ▽仕事での困り感と対処法

 発達障害の1つであるADHDは先天性であり、基本的に一生涯特徴が認められるものです。この記事では、大人のADHDの3つの特徴や、診断基準・処方薬適職探しや職場での苦手な仕事への対応方法をまとめます。なお、子どものADHD(注意欠如多動性障害)については当社の小中高生向け放課後等デイサービス・TEENSのウェブサイトリンク をご覧ください。

インデックス

大人のADHD(注意欠如多動性障害)の特徴

”不注意”+”多動/衝動性”

 ADHDは”Attention Deficit Hyperactivity Disorder”の略で、日本語では注意欠如多動性障害と訳します。以前は注意欠陥多動性障害と訳していましたが、「欠陥」という言葉よりマイルドな「欠如」という言葉に置き換わりました。ADHDの人は注意が散漫だったり、じっとしているのが難しく衝動的に行動する傾向があります。個人によってどの特徴が強く出ているかは変わりますし、同じ人でも年齢を重ねると行動の傾向が変わったり、特徴が弱まることもあります。以下のタイプに分けて考えるとわかりやすいでしょう。

  • 不注意優勢型: 必要なことに注意を向ける・向け続けるのが苦手。
  • 多動/衝動性優勢型 : 必要のない動作・行動が多くじっとしているのが苦手。突然行動しはじめることが多い。
  • 混合型: 不注意と多動/衝動性両方の特徴がある。
大人のADHD 特徴1: 頭が”多動”である

 子どもの頃に教室で席に座っているのが難しいというような多動の傾向があったADHDの人も、大人になるとほとんどの人は身体の多動が目立たなくなります。身体の多動が認められないということでADD(注意欠如障害)と診断されることもあります。これは多動な特徴がなくなったというよりは、頭の多動は残っていて結果として不注意につながっていると言えます。上手に頭の中を整理できない制御できないような状態です。

  • つい他のことを考えて気が散ってしまう。すべき仕事に集中できない。
  • 集中して作業し過ぎて疲れてしまう(過集中)。
  • 1つの作業を順序立てて進めるのが苦手。段取り良く作業できない
  • 複数の作業を一度に進めようとするとどこから手を付けたらいいかわからなくなる。どの作業も途中までで完了できない状態になりやすい。

 ADHDの傾向がないいわゆる”定型発達”の人は、あまり自分で意識しなくても今何に注意を向ければいいか気づくことができますし、これからこの作業を行おうと意識すれば集中することができます。しかしADHDの人はこのような注意関心の調整がうまくいかず、日常的に苦労しています。少し気を抜いただけでも何をするべきか頭から抜けてしまいやすく、意識して集中しようとしても注意がそれてしまいがちです。逆に意識して考えないようにしようとしても、どうしても気になってしまうことがあります。そのため日々の生活や仕事の中で覚えておかなければならなかったことをうっかり忘れてしまったり、気を付けておかなければならなかったことを行えずにミスをしてしまいやすくなります。

大人のADHD 特徴2: ”衝動的”な言動・”突発的”な気分変調

 すべり台の順番が待てずに割り込んで滑ろうとするなど、ADHDのあるお子さんののわかりやすい衝動性は大人になると見えにくくなりますが、気分に大きなむらがあったり、急に考えが変わったり思いついて行動に移してしまうなど別の形で現れます。その時の感情や自分が思いついたことに気を取られ、ついつい周囲への気配りや前後の流れを無視してしまいがちです

  • 思ったことをすぐに発言してしまう。他の人が話していても遮って話し始めてしまう
  • 作業をしていても別の作業が気になるとそちらに手を付けてしまい元々の作業が進まなくなる。
  • カチンとくると怒りがうまく抑えられない
  • ミスをすると少しのことでも大きく落ち込んでしまい他のことが手につかなくなる。

 上に書いた例はすぐに変化が起こるのでわかりやすいですが、注意しておきたいのは数日~数か月など中・長期で関心のあるものが変わるパターンです。仕事を転々としたり、相性が悪いからと通院先を変え続けたりと、長期間継続するのが難しいことがあります。また気分も中長期でアップダウンがあることがあり、この場合双極性障害と見分けがつきにくいこともあります。年齢が若いうちは問題は見えにくいですが、この中長期の衝動性・突発性が収まらないと、安定したライフプランを立てにくくなる恐れがあります。

【参考】子どものADHD(注意欠如多動性障害)については当社小中高生向け支援サイトへ
【参考】発達障害のある人向け職業訓練・就活支援

大人のADHD 特徴3: ミス・抜け漏れが多い

 ADHDの人が最も訴えるのはミスや抜け漏れの多さです。特徴1でお伝えしたように注意・関心のコントロールがしづらく、またワーキングメモリー(短期間情報を記憶して処理する能力)が小さいためと考えられます。人間ならば誰でもミスはあります。しかしADHDの人はミスの頻度が他の人の数倍あったり、どうしてもミスをしてはいけない場面でミスする・忘れてはいけない事が抜け落ちてしまうなど、生活や職場で大きな支障が出てしまいがちです。

  • 重要な手続きの期限を守れない
  • ケアレスミスを何度も繰り返してしまう。
  • 持ち物を頻繁に忘れる・なくしてしまう

 何より苦しいのは、ご本人もそういった自分のミスに後で気づきやすいため、ADHDの人は日常生活を送るだけでも自分の至らなさに思い悩み傷つきやすいことです。過去の苦い経験もあり、覚えることが多かったり、行わなければいけない作業が重なったりすると、パニックになって頭が真っ白になる人もいます。中には本人が気付かないうちに声を上げてしまったりして、周りの人からびっくりされることもあるでしょう。

ADHDとASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)の併存

 以前の診断基準では、ADHDとPDD(広汎性発達障害、自閉症スペクトラムの旧診断名)のどちらの特徴もある場合は、PDDの診断を優先していました。つまりADHDとPDD両方の診断を受けることはありませんでした。しかし2013年にアメリカ精神医学会から発表されたDSM-5という診断基準から、ADHDとASDの併存も可能と変更になりました。日々大人の発達障害の方の支援に当たっている者としてはこの変更は実感に合っていると感じます。ADHDとASDどちらの特徴も持っている人は少なくない印象です。

 自閉症スペクトラム(ASD)・アスペルガー症候群(AS)の特徴は、①空気が読めない②コミュニケーションが苦手③こだわりがあるという、いわゆる「3つ組の障害」と言われるものに集約されます。これまでにお伝えしてきたADHDの特徴である①頭の多動②衝動・突発③ミス・抜け漏れの多さとは大きく異なると思われるかもしれません。

 ただし実際には専門家でも「衝動的に行動している(ADHD的)」のか「社会性の難しさから空気を読んでいない(ASD的)」のかどちらか判断がつきづらかったり、「過度に集中している(ADHD的)」のか「こだわりから作業を続けている(ASD的)」のか判別しづらいことがあります。そのため当社では診断名にこだわらずに、個別にアセスメントし具体的な支援方法を検討するようにしています。

【参考】専門家でも難しいADHDとASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)の違い
【参考】大人のASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)

ADHD(注意欠如多動性障害)の診断基準・処方薬

ADHDの診断までの流れ

 ADHDの診断ができるのは医師だけです。診断を受けたいと思ったら、精神科心療内科に通院する必要があります。発達障害を診ることができる医療機関はまだまだ多いとは言えませんので、お住まいの自治体の障害福祉課発達障害者支援センターなどで発達障害に詳しい医療機関の情報を集めた上で通院先を選ぶことをお勧めします。

 診察は1回あたり15~20分程度が一般的です。初診の時は生育歴の聞き取りなどで長めに時間を取ることもあります。前回の診察からの間にどんなことがあったか、体調はどうだったか、お薬の効き具合はどうだったかなどの医師の問診を受けます。診察の他にASRSリンク という自己記入式症状チェックリストを実施したり、臨床心理士とWAIS(ウェクスラー知能検査)-Ⅲという成人用の知能検査を行うことがあります。知能検査では全検査IQ(一般的に”IQ”と言う時はこちらを使います)の他に、言語性IQ動作性IQ、さらに細かい能力を計測する群指数などが算出されます。それによってどのような能力の凸凹があるか確認することができます。ADHDの場合は作動記憶(ワーキングメモリー)処理速度といった動作性の群指数の凸凹を確認することが多いようです。

 通院頻度は月1、2回から週に1回など、現在の症状によって個人差はあります。半年以上通院を続け、ADHDの症状が継続して現れていることが確認できると、診断を受けることができます。周囲から見て症状があまりわからないタイプの人は「ADHDの傾向がある」という言い方で医師から伝えられることも多いですが、そのような人も困り感が強ければもちろん支援を受ける必要がありますので、必要な支援を受けるのに確定診断が必要な場合は、主治医にご相談いただければと思います。

ADHDの診断基準

 最新の診断基準(アメリカ精神医学会 DSM-5)では、不注意や多動/衝動性が持続して現れ、その結果社会的または仕事・学業上に影響がある場合にADHDと診断するとしています。

■不注意: 以下のうち6つ(17歳以上の場合は5つ)以上に当てはまり、少なくとも6ヶ月以上持続している。

  • 細かい注意を払うことができない。不注意から失敗することがよくある。
  • 注意を持続しつづけることが難しい。
  • 話しかけられても聞いていないように見える。
  • 指示されたことをやり遂げることができない。
  • 順序立てて課題を進めることが難しい。
  • 継続して課題に取り組むことが難しい。
  • よく必要なものをなくす。
  • よく関係ないことで気が散る。
  • 忘れる・抜け漏れることがある。

■多動/衝動性: 以下のうち6つ(17歳以上の場合は5つ)以上に当てはまり、少なくとも6ヶ月以上持続している。

  • そわそわと手足を動かしたり座っていてももじもじ動いてしまう。
  • 着席しつづけるのが難しく離席してしまう。
  • じっとしていられないような気分になる。
  • 静かに遊びや余暇活動に取り組むことが難しい。
  • 勢いよく行動し続ける、じっとしていると落ち着かない。
  • しゃべりすぎることが多い。
  • 相手の話が終わる前に話し始めてしまう、相手の言葉を先取りして話してしまう。
  • 他の人の活動を遮って邪魔をしてしまう。

■発現時期・場面: 上記の症状が12歳以前から見られる。 症状が複数の場面(家庭・学校・職場など)で見られる。

【参考】発達障害チェックリスト

ADHDの処方薬 コンサータとストラテラ

 ADHDの人の不注意や多動/衝動性といった特徴は、基本的には生涯あり続けます。ある程度症状を和らげて日々の暮らしの中での困り感を減らすため、ADHD向けの処方薬として日本ではコンサータストラテラの2種類が認可されています。主な効果は、①集中力や注意力を高め②衝動性や多動性を軽減することです。

 服薬するかどうかは主治医と相談して決定します。副作用が強い、症状が改善しない、もう薬がなくても大丈夫そうだと感じた等の時には、自己判断で服薬量を増減せずに、次の診察時に主治医に状況を伝えて今後の処方について相談することが大切です。

【参考】ADHDのお薬 薬の種類の解説や服用方法

ADHD(注意欠如多動性障害)の人が得意な仕事・職業

 最近は海外だけでなく日本でもADHDをカミングアウトする有名人が出てきました。不注意や多動/衝動性など弱みの部分に注目が集まりやすいため、ADHDがあることに対して世間ではどうしてもネガティブなイメージを持たれやすいです。しかし才能が豊かだったり、個性を活かして活躍しているADHDの当事者の方がポジティブなメッセージをメディアで伝えていくことで、ADHDの人の強みを多くの人に知っていただけるのは大変良いことだと思います。

 ADHDの特徴があると日常や仕事で不都合なことも起きやすいですが、逆にその特徴を業務に活かして活躍している人もいます。「脳が多動」な部分を上手く活かせば、独自な視点や豊かな発想につなげられるでしょう。「衝動性」も適切な方向性で発揮すれば、思い立ったらすぐ行動し試行錯誤することでよりよい成果にたどり着きやすくなり、お客様や上司から評価される可能性が高くなります。また好きな分野、得意分野では集中力を保ちやすかったりミスも少なくなるのがADHDの特徴です。つまり自分の興味と一致する分野では弱みも見えづらく強みを活かしやすくなります。

 ADHDの特性に合う仕事を挙げると、以下のように非常に魅力的な仕事が多く、かつ可能性が広いことがわかります。

  • 自分の興味を発信できる仕事: 編集、記者、ディレクター、カメラマン など
  • もの作りに関わる仕事: 料理人、整備工、プログラマー、アニメーター、デザイナー など
  • 専門分野に特化できる仕事: 研究者、学者、塾講師、教員 など

 気を付けたいのは、実際の業務では顧客や上司の要望に沿う必要があることです。こだわりをもつADHDの当事者は多く、自分の考えをただ形にするだけではなく、お客様の意向を汲んで動くことにストレスを感じてしまう人もいます。仕事をする上で自分と相手がともに納得できるポイントを常に探すようにするとよいでしょう。

【参考】発達障害に向く仕事を考える ADHD(注意欠如多動性障害)編

ADHD(注意欠如多動性障害)の人の仕事での弱みへの対処法

弱みが見えにくい業務・環境を探す

 ADHDの人の就職支援では、①ご本人の興味・関心や集中力が保ちやすく、②ミスや不注意の影響が少なかったりある程度許容される職種や業務・仕事現場や企業風土の求人を探すことがまず重要です。ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)の人はルールやマニュアルを徹底すればミスや抜け漏れを減らしやすいですが、ADHDの人は効果が出にくい傾向があります。つまりASDの人にはある程度画一的な支援が可能ですが、ADHDの人にはセミオーダーメイドのような形で支援する必要が出てきます。

  またADHDの有る無しに関わらず、ミスは誰にでもあるものです。ミスを認めてくれる職場はほとんどないですが、1人の担当者単位ではミスが出ることもあるという前提で作業工程が設計されている(フェールセーフの概念がある)職場は製造業などを中心に数多くあります。例えば1つの作業を必ずペアで行うようにしたり、1人で作業していても同じ作業を行っている人と成果物を確認し合う(ダブルチェック)ようオペレーションに組み込まれているなどです。支援者としても、そのような現場から発達障害の人に限らずどんな人にとっても働きやすい雇用の仕方を模索するヒントをいただくことも多いです。

【参考】発達障害の特性に合った仕事開拓

弱みの現状分析で具体的な対策を立てる

 セミオーダーの支援を行うためには、まずは現状分析が必要です。ご本人が自分がどのような時にミスを起こしやすいか・集中力が切れやすいか・気分のアップダウンが起きやすいかを理解することが大切です。例えば業務に集中できず眠気が出てしまうといっても、午前中がつらく午後になると調子が出てくる人もいれば、昼食後の午後一番の眠気が我慢できない人もいます。自分に直接関係ないことが話されている会議中などに眠くなる人もいます。このような具体的な傾向が分かれば対策も立てやすくなりますし、弱みが出づらい環境はどんなところか検討しやすくなります。自分だけでは分析が難しいという人は、支援機関で職業訓練やカウンセリングを受けながら探っていくのがお勧めです。

【参考】大人の発達障害者向けの職業訓練・就活支援

自分でできる弱みへの対処法

 実はADHDの人の弱みへの対処方法は、コミュニケーションがずれることの多いASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)の方の対応と重なる部分があります。

■アドバイス① 頭が多動な方へ

 「頭が多動」になりやすい人は、今日1日にどんなことを行う必要があるか、メモやスケジュール帳に箇条書きで書き出してみることをお勧めします。頭の中だけで管理しようとすると、どうしても理解があやふやになりやすいです。書き出すこと、そして書いたものを読み直すことでこれから行うべきタスクがクリアになります。

 また複数の作業を行う時は、自分で書いたリストを見て、どの作業から行えばよいか優先順位を付けます。つい簡単なものや苦にならない作業に手を付けたくなりますが、締め切りが早いもの重要度の高い仕事を先に行わないと、後で作業時間が十分に取れずに困ってしまう可能性があります。

 タスクリストは書きっぱなしにせず、作業の途中でも定期的に確認すると効果的です。集中しすぎたり気が散ってしまうと、初めに書いたリストが頭の中にキープしておけず、すっかり抜け落ちてしまう人もいるでしょう。2時間ごとなどちょうど小休憩を挟むようなタイミングでどこまで作業が進んだか進捗を確認する習慣をつけてください。その時に改めて何を行えばよいかタスクを再確認し、残りの時間で何をどこまで進められるか作業の計画をし直すとより効率的に作業することができます。

 集中がコントロールしづらい人にとって、作業時間を区切って小休憩を入れることは重要です。頭の中を一旦リセットして、次の1時間はこれをするなど短く時間を区切って作業に取り組むと進めやすくなります。たくさんのことや難しいことを考えて頭がオーバーフロー状態になり眠くなってしまう人は、カフェイン入りの飲料を飲んだり、主治医に相談してカフェイン入りのお薬を処方してもらうことも効果があるようです。

■アドバイス② 衝動的・突発的な方へ

 衝動的・突発的に気分や考えが変わったり行動しやすい人は、段階的に行動が変えられるようにスモールステップで取り組みましょう。例えば人が話している途中でも自分が言いたいことが思い浮かぶと話し始めてしまう人は、まずは人の話にかぶせて話してしまったことに自分で気づけるようになることから始めます。そもそも人の話を遮って話している、相手の話を聞こうとせず失礼なことをしているという認識も持っていないことの方が多いからです。自分だけで気づくのが難しい場合は、お願いできそうであれば「こういうことをしていたら言ってほしい」と周囲の人に頼んで教えてもらってください。

 自分の行動に自分で気づけるようになったら、次は話している途中で自分で気づけるようになることを目指してください。途中で気づけるようになったら、話が止められなくても途中でトーンダウンすることに挑戦しましょう。途中でトーンダウンできるようになったら、話を途中でやめて「すみません、どうぞ」と相手に先に話してもらうよう促せるようになるのが最終目標です。突発的な発言を完全になくすことを目指すのは難易度が高く、プレッシャーになってしまいがちなので、今後ずっとこの特性と付き合っていくという前提で目標設定することをお勧めします。

 つい行ってしまいやすいクセを修正するのは、発達障害の特性がない人でも難しいことです。特性があればなおさら大変だと思いますので、信頼できる身近な方の理解や協力を得ながら、くじけず継続して取り組むことが大切です。

■アドバイス③ ミス・抜け漏れの多い方へ

 ミスや抜け漏れが多い人は、作業の指示を受けてから完了させるまでのどこで間違ってしまうのかを特定するところから始めます。

  口頭で指示を受けると聞き逃しや捉え間違いをしやすい人は、記憶力を過信せずに必ず指示内容をメモに取ってください。メモを取ったあと、メモに取ったことを復唱して指示した人に自分の理解に間違いがないか確認してもらえば更に確実です。メールやマニュアルなど文書での指示でも読み飛ばしや捉え間違いが多い人にも、理解した内容を確認してもらうのは有効です。

  指示を聞いた時には分かっていたのに途中で忘れてしまいがちな人は、やはり指示を受ける時にメモを取り、作業をするときにそのメモを見ながら進めましょう。メモを取るのが苦手で、後から読むと何を書いたのか自分でもわからなくなってしまう人もいますが、指示を受けてすぐのまだ記憶が新しいうちに自分でメモした内容をまとめ直すとよいでしょう。自分用のマニュアルをつくるようなイメージです。例えばメモの左側を指示を受けた時に走り書きをする欄、右側を後で席に戻ってから丁寧に書き直す欄と分けて使っている人もいます。まとめながらわからないことが出てきたら、チェックしておいて後で質問し直しましょう。

  作業内容は正しく理解していてもついケアレスミスをしてしまう人は、ミスをしないように意識するといっても限界がありますので、作業ごとに対策をして実際に行動を変えていけるよう工夫してみてください。例えばモニター上のたくさんの文字列が並ぶ文書やデータの中で必要な部分に注意を向けるが苦手で、読み間違えや見落としが頻繁にあるような場合は、指差しをしながら読んだり、印刷して紙に定規を当てながら1行ずつ確実に進めるなど、作業の仕方や使う道具を変えることでも改善することがあります。全ての人に有効なのは、作業が完了したら自分でミスがないか見直しをする(セルフチェック)ことです。また早めに作業を完了させて、指示を受けた人に確認してもらい、もしミスがあっても余裕をもって修正ができるくらいの作業ペースで進めることも大切です。

【参考】発達障害の人向け 職場での工夫

関連ページ

発達障害の特性を活かした就職を! 就労移行支援などをご紹介中! 
ご利用説明会は オンラインフォーム または
03-5823-4960 / 045-594-7079 (平日10~17時)で
ご予約ください