MENU
HOME 大人の発達障害Q&A 発達障害の二次障害

発達障害の二次障害発達障害での生きづらさによって引き起こされる主な精神障害

発達障害と精神障害の違い

 発達障害と精神障害の違いをご存知でしょうか。発達障害は先天的、精神障害は後天的です。つまり発達障害は生まれながらに特徴があり生涯続きます。子育てや人生経験は関係ありません。一方で精神障害のほとんどは10代以降(思春期以降)に症状が出るもので、人生での体験によって引き起こされます。

 発達障害の特徴の中には、精神障害の他の特徴と見分けづらいものが多く、時に医師も発達障害を見逃してしまい、他の精神障害の診断をしているケースも見られます。医師にすら難しいときがありますので、ご本人が発達障害の特徴に気づかず、うつや双極性障害のお薬を飲んでもなかなか治らないことから、発達障害の可能性を知ることも珍しくありません。

なぜ二次障害と言われるのか?

 発達障害の診断/特徴がある人の場合、他の精神障害系の診断がある場合は「二次障害がある」と言われます。これは発達障害の生き辛さゆえ、イジメや失敗が多く、ストレスがたまりやすかったり、ネガティブな思考に陥りやすいことが要因です。発達障害の特徴が引き起こした二次的な障害であるため「二次障害」と言われます。

 発達障害の特徴よりも二次障害の辛さが明らかに強い場合は、まずは二次障害への対応を優先することが重要です。発達障害の特徴への対策・工夫は二次障害が落ち着いたあとに行いましょう。二次障害へのアプローチには精神科系のお薬が使われることが多いでしょう。認知行動療法リンク などの服薬以外のアプローチも医療機関によって受けることが出来ます。

発達障害の二次障害としての精神障害

 発達障害の二次障害としては、不安障害、双極性障害、うつ病、パーソナリティ障害、愛着障害などが言われることが多いでしょう。ここでは発達障害が主な症状である場合の、二次障害としての精神障害を解説していきます。

不安障害

 不安障害の主症状は文字通り不安です。不安とは漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものですが、はっきりした理由がないのに、あるいは理由があってもそれと不釣り合いに強く、または繰り返し起きたり、いつまでも続いたりするのが病的な不安です。不安のあらわれ方にはいろいろな形があり、それによって不安障害の下位分類がなされており、例えばパニック障害は不安障害の一種、ということになります。病気の詳細については下記サイトを参考にして下さい。

【参考】みんなのメンタルヘルス(厚労省)―パニック障害・不安障害リンク

発達障害との関係性

 発達障害と不安障害は、非常に区別がつきにくいと言われます。両方とも日常の生活のちょっとした選択への不安、将来について見えないことについての不安、周囲の反応が読みにくく想定外の言動をされたときの不安など、多様な不安を抱えながら暮らしているというところが似ているからです。仕事場で周りの人からどのようにみられているのだろう、通勤中の電車の中で何か自分について言われているのではないかなど、仕事・雇用関係での訴えもとても似ています。

 発達障害があると様々に抜け漏れやミスがあり、それへの不安が徐々に心の中で大きくなり、発達障害だけでは説明しきれないほど深刻になることはよくあります。重要なのは、診断名ではなく、自分の状況や癖を把握できるか、(お薬の服用も含めて)場面場面によって取るべき対応策を理解できているかです。

その他の考察

 発達障害は生まれつきで生涯続く特性ですが、不安障害は後天的にかかった精神疾患で治療の可能性があります。ですから発達障害の診断においては、シングルエイジ(9歳以下)から発達障害に特有な傾向が強かったかという部分に着目します。比喩を使うと、先が見えていないので不安なのが発達障害で、見えている(理性で納得できても)けれども怖いのが不安障害、と捉えると良いでしょう。

双極性障害(躁うつ)

 昔は「躁うつ病」と呼ばれていましたが、現在では両極端な病状が起こるという意味の「双極性障害」と呼ばれています。双極性障害は、躁状態の程度によって「躁状態」と「軽躁状態」の二つに分類されます。 家庭や仕事に重大な支障をきたし、人生に大きな傷跡を残してしまいかねないため、入院が必要になるほどの激しい状態を「躁状態」といいます。一方明らかに気分が高揚していて、少々眠らなくても平気で、ふだんより調子がよく、仕事もはかどり、本人も周囲の人もそれほどは困らない程度の状態を「軽躁状態」といいます。また、うつ状態に加え、激しい躁状態が起こる双極性障害が「双極I型障害」、軽躁状態が起こる双極性障害は「双極II型障害」とされます。

 双極性障害は、精神疾患の中でも治療法や対処法が比較的整っている病気で、薬でコントロールすれば、それまでと変わらない生活をおくることが十分に可能です。しかし放置していると、何度も躁状態とうつ状態を繰り返し、その間に人間関係、社会的信用、仕事や家庭といった人生の基盤が大きく損なわれてしまうのが、この病気の特徴のひとつでもあります。

【参考】みんなのメンタルヘルス(厚労省)―双極性障害リンク

発達障害との関係性

 ADHD(注意欠陥多動性障害)の方は衝動・突発性があったり、興味関心に従いすぎたりすることが特徴といえます。これを日常的に繰り返すと、当然、とても良い感覚でいられるときと、非常に落ち込むとき、という山と谷を味わいやすくなります。これは双極性障害の波と似ており、ADHDの方の場合は双極性障害と何が違うかは、自分でも周囲にもわかりにくい状態です。とくに『軽躁状態を伴う双極 II 型障害』との類似性は多く、中でも女性の場合はADHDと双極性障害の特性は一層見分けにくくなります。

 発達障害の人は「心や気分の容器が小さい」という特徴を持つとともに、興味関心を上手にコントロールできない特徴があります。例えば、不安があったらそのことを考え続けてしまう、(テレビゲームなど)自分が気になることがあったら歯止めが効かない、ショックを受けてしまったらその感情から抜け出しにくい、などなど、いわゆる切り替えが上手にできない状態です。そうすると朝起きないといけないのに起きられない、仕事のことを考えないといけないのに些細だと自分でもわかっている日常生活の不安を考えてしまう、といった状態になりやすくなります。つまりADHDの特徴が日常生活で大きくなりすぎると、時として双極性障害ととらえたほうが適切であるほど特性が増長されることがあります。

 「心や気分の容器が小さい」ということは、マイナスの感情だけではなく、プラスの感情にもあてはまります。つまりよいことが起きるとその感情に一気に心(注意・関心)が占められます。周囲から見るとそれはとても羨ましい日常にみえるかもしれませんが、本人としては多くの人よりも頻繁に気分の上下の激しいジェットコースターに乗るようなもので、よりアップダウンの差が大きい日常を送りやすいということだと理解することができます。 例えるならば大小のバスタブでしょう。小さなバスタブのほうが熱いお湯、冷たい水が入ってきたときに温度が変わりやすいだけではなく、水があふれやすくなります。つまり変化に弱く、変化に反応しやすいわけです。こうした状態は発達障害の、特にADHD傾向のある人や、ASDの傾向が見えにくい、あるいはある程度調整できている女性に多くみられます。と同時に躁うつ(双極性障害)II型と、こうした発達障害の特性は重なりがあります。

その他の考察

 上の解説にもある通り、双極性障害はお薬が開発されており、これによって生きやすさが改善されるケースが多いとされます。このため、双極性障害のお薬が効かず、小さいときからADHD的特性がある場合は、発達障害、あるいは発達障害と双極性障害を併発していることが疑われます。いずれにしても両者の区別は簡単ではないため、双極性障害の疑いがある場合は、専門の医療機関を訪ねることをお勧めします。

うつ病

 「憂うつである」「気分が落ち込んでいる」などと表現される症状を抑うつ気分といいます。抑うつ状態とは抑うつ気分が強い状態です。うつ状態という用語のほうが日常生活でよく用いられますが、精神医学では抑うつ状態という用語を用いることが多いようです。このようなうつ状態がある程度以上重症で一定期間以上続く時、うつ病と呼んでいます。

【参考】みんなのメンタルヘルス(厚労省)―うつ病リンク

発達障害との関係性

 発達障害の人は自分の興味のあること以外は愉しめなかったり、”やる気スイッチ”が入りにくく先送り癖があったり、表情の表出が乏しくいつも生気がないように見えたり、他人との交わり方がわからない、あるいは孤立的に過ごしているので楽しみがないように周囲にも自分にも思えたりと、うつと似たような症状や状態が多く出ます。

 実際、うつ病を疑って病院・クリニックに行ってみたら発達障害だったとか、うつ病の薬を飲んでもなかなか良くならないのでいろいろと調べるうちに発達障害の特性が自分によく当てはまることがわかった、という方が沢山います。発達障害に自分で気づいた方の最大のきっかけがうつに陥ったこと、という例も珍しくありません。つまり発達障害が”原因”であり、うつはそれにより引き起こされた”現象”であるというケースです。

その他の考察

 発達障害は先天的な脳機能の違いから起こります。生まれてから死ぬまで脳は根本的には変わりませんので、発達障害の特性も人生の始めから終わりまで続きます。一方で抑うつ症状は後天的なもので、環境や出来事によって引き起こされるものです。小さいころから絶えずその特性が見えていれば、発達障害ですが、一時的にそういった状況に陥る場合は一般的な抑うつ傾向、またそれが深刻化・長期化したものがうつ病とされます。

パーソナリティ障害(人格障害)

 パーソナリティ障害は、認知(ものの捉え方や考え方)や感情、衝動のコントロール、対人関係といった広い範囲のパーソナリティ機能の偏りから、対人関係や社会生活に支障をきたしてしまう精神疾患です。生物学的要因に加え、両親との死別・虐待などの養育環境や発達期の辛い体験などが関係しているとされ、「性格が悪いこと」を意味するものではありません。パーソナリティ障害は、統合失調や気分障害など他の精神疾患と似た症状をしめすことが多く、鑑別が難しいと言われていますが、他疾患と比べて症状が慢性的で長期にわたり続きやすい、という特徴があります。また他の精神疾患を引き起こしやすく、パーソナリティ障害と合併したほかの精神疾患が前面に出ることが多い、黒幕のような存在の病気です。

【参考】みんなのメンタルヘルス(厚労省)―パーソナリティ障害リンク

発達障害との関係性

 パーソナリティ障害は、発達障害と同じく文化・社会との関係性で起こる障害です。そのため時代や国、周囲の環境などに応じて適切と思われる言動が変わり、望ましいとされるパーソナリティ(人格)の範囲も変わることで、症状が重くなったり目立たなくなったりすることがあります。

 他者と視点や感じ方が違う、自分目線になりやすい、衝動的であるところなど、発達障害と同じような特徴がいくつも並び、実際現場では見極めが難しいケースも見られます。発達障害の方は小さいころにいじめを受けたり、大人になってからも就職や人間関係でうまくいかず、社会や他者を憎んだり、悲観的になったりと、社会に適応しづらい認知・思想に傾く危険性があるともいえます。自分を守るためなのだと思いますが、このような状態が続くと、発達障害をベースとしながら二次障害としてのパーソナリティ障害が強く出てしまう恐れがあるでしょう。

その他の考察

 発達障害とパーソナリティ障害の最も大きな違いは”作為があるか無いか”です。つまり相手をコントロールしてやろう、自分が有利になろうというような作為のないことが発達障害の本質です。追い込まれたとき以外は嘘をつかないという特徴も発達障害には見られます。

 パーソナリティ障害の場合は他者を巻き込むという作為が強く感じられます。もちろんパーソナリティ障害が圧倒的に強くなるとそのベースに発達障害があるか見極めるのさえ困難になることが多くなりますが、作為が強い場合は発達障害よりもまずはパーソナリティ障害を疑いそちらの治療を優先していくことが良いでしょう。その後、パーソナリティ障害が寛解していく中で、ベースとなる発達障害が見えやすくなった場合に初めて発達障害への対応をすべきです。

愛着障害・アダルトチルドレン

 幼少期に親から精神的・身体的虐待などを受けることで、自分の感情や行動をうまくコントロールできなくなるのが愛着障害です。自分のことを大事に思うことができない、他者への想像力が働かないなど基本的な社会性を持つことができず、人とのコミュニケーションがいびつになるなどの症状があります。

発達障害との関係性

 発達障害と似ているのは「出方」です。他人目線がとりづらく、共感がしづらく、我慢が出来づらく衝動的な行為が多く、不安が強く、というような発達障害に似たような言動が愛着障害(アダルトチルドレン)の場合でも見られるようです。また親が(発達障害を含む)何らかの苦しさを抱える人生を送っていたため、子どもに当たってしまっているというケースも考えられ、発達障害の親子の中で愛着障害が起こる可能性も否定できません。

 非常に苦しい家庭環境で育った人たちは現代社会に確実におられます。虐待・ネグレクトということが判明している以外でも、親との関係が非常に希薄で連絡が取れていないケースや小さいころの思い出をまったく語ってくれない場合などは愛着障害の可能性も考えます。あるいは語ってくれたとしてもご飯は物心つくころから家族バラバラでとっていたり、文字通り箸の上げ下げでも親に激怒されただただ服従していた、というようなケースが当てはまります。このようなエピソードを持つ場合は、発達障害というよりも愛着障害の側面を注目したほうが良いのかもしれません。

 実際、専門医によると、愛着障害と発達障害との見分けが最も難しいといわれます。世の中には診断のレベルまではいかないものの、親との関係がない、あるいは見えないケースは多く、アダルトチルドレン的な人は多いのかもしれません。どのあたりまでが先天的(つまり発達障害由来)で、どのあたりが後天的(つまりアダルトチルドレン的な要素)か、を念頭に置きながら接する必要があります。

その他の考察

 見分けが難しい以上、似ていない部分を上げることはなかなか難しいですが、ほかの精神障害と同じく、発達障害との違いは、幼いころから特徴が認められるかどうかということ。ただし愛着障害は多くの場合、幼い時期の体験に基づくため幼少期から特徴が出ると思われますので、その点でも発達障害との見分けや似ていないところを福祉の現場で探すのは大変難しいです。このため愛着障害(アダルトチルドレン)に詳しい医師や臨床心理士などの見解を伺うことが重要です。