MENU
HOME発達障害とは発達障害と仕事 ~就職・採用・受けられる支援・対策~

発達障害と仕事 ~就職・採用・受けられる支援・対策~

発達障害の人が「職場で上手に働くためのノウハウ」を当サイトから10の記事を厳選してダイジェストで紹介します。

1. 「自分は発達障害かも?」と思った時に取るべきアクション

仕事がうまくいかない 発達障害かも?と思った時の3つのアクション

慌てる必要はありません。
まずは冷静になって、仕事がうまくいかない原因がどこにあるかをはっきりさせましょう。
そして、その結果に応じた適切な対処を取ればよいのです。

2. 発達障害の人が「向く仕事」は特性で異なる

発達障害に向く仕事・働き方 ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群・広汎性発達障害)

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)傾向の人は特徴が割合に見えやすく、対策や適職も見つけやすいと言われています。
ただし、論理的だからプログラマー、コツコツするのが得意だから職人や公務員、というのはやや強引です。

発達障害に向く仕事・働き方 ADHD(注意欠如多動性障害)編

ADHD(注意欠如多動性障害)傾向の場合、適職には様々な可能性があります。
発想力や知識への貪欲さなどはほとんどの仕事にでも求められる力だからです。
一方でミスや抜け漏れなど苦手な部分については対策が必要です。

3. 「一般雇用」と「障害者雇用」の区別を知っておきましょう

発達障害に向く仕事・働き方 一般雇用と障害者雇用

障害者雇用が一般雇用と大きく異なる点は様々な配慮が受けられる点。
就業時間の短縮やスライド、通院中抜け、就業時間中の休憩や仮眠、ノイズキャンセリングイヤホンの着用、電話は取らなくていい…といった様々な配慮が明確に得られます。
一方で一般雇用は職種の幅や昇給がメリットです。

4. 「発達障害は障害者手帳が取れない!」は今や昔の話

発達障害 障害者雇用の就活・仕事・配慮・給与・キャリア

発達障害の診断だけだと障害者手帳が出ないというのは今や昔の話です。
診断後速やかに障害者手帳を申請する人が増えています。
障害者手帳を取得すると障害者枠で働くという道が選べるようになります。

5. 「やっぱり一般雇用が良い!」そういう人には「定着支援」が鍵

一般雇用 “障害者手帳”を使わずに就職・転職するには?

普通級や大学/専門学校など通常の進学をされてきたり、その後もマイナビやリクナビなどの転職サイトを用いるなどして『一般雇用』で就職・転職活動をしてきた方が多く、障害者手帳や『障害者雇用』への抵抗や戸惑いがある方もいるでしょう。
職場でのコミュニケーション(受信・発信)や段取り・計画立てには魔法はありませんが、基本をしっかりと習得し直す効果はその後の定着に無視できない効果を与えるでしょう。

6. 安心してください!「正社員」には多くの人がなれている

発達障害 正社員で就職できますか?

一般雇用は中小企業が多いことから正社員が多めですが、定着率は低くなっています。
一方で障害者雇用は正社員の求人は残念ながら少なめです。
とはいえ、入社後数年以内に正社員に登用する会社が増えています。

7. 給与レベルは「IT・デザイン職」が高め!専門的な知識や経験を活かしましょう

発達障害 給与の高い職種を分析しました

発達障害の方の中で最も平均給与が高かった職種は「専門職(IT)」の21.7万円で一般事務を4万円近く上回りました。
次いで機械設計や文書翻訳などが含まれる「専門職(その他)」、財務・総務などの管理系の事務専門職の「専門職(経理等)」と続いています。

8. 仕事を円滑に進めるために上手な「配慮の求め方」を習得しましょう

発達障害 仕事がうまくいく 合理的配慮の求め方

配慮にはいくつか種類があります。
具体的には「対人面」「体調面」「指示の受け取り面」「責任範囲・業務面」「期待度のコントロール」「作業環境面」などです。
いずれにせよ過去の自分を振り返って、苦手の原因分析が必要です。
配慮の内容・求め方については求職者向けの就労移行支援でアセスメントとアドバイスが受けられます。

9. ADHDの人に多い「ミス」「抜け漏れ」 自己対策していきましょう

発達障害のミス・抜け漏れを防ぎたい

不注意や抜け漏れはADHDなど発達障害の傾向がある人にとって生き辛さの根源かもしれません。
なぜミスをしてしまうのか?
抜け漏れはどうしたら防げるのか?
あなたが当てはまるミス・抜け漏れのタイプを5つに分解し、特性も踏まえてアドバイスします。

10. 職業訓練でレベルアップしたい!人材紹介を受けたい!行政のサービスを活用できる

発達障害特化の就労移行支援・定着支援

発達障害の方の仕事の支援にはいくつか行政のサポートが受けられます。
一つは高齢障害求職者支援機構の障害者職業センター。
簡単な職業適性検査が受けられます。
また各都道府県・政令指定都市が認可した就労移行支援事業所でも職業訓練や人材紹介が受けられます。