MENU
HOME スタッフブログ 【横浜・川崎特集】③軽作業を希望する方の就職支援

【横浜・川崎特集】③軽作業を希望する方の就職支援

就労移行支援事業所、Kaien川崎スタッフの大野です。

当社では神奈川県内では横浜に続き2か所目、東京都内と合わせると6か所目の就労移行支援事業所「Kaien川崎」が2015年12月1日オープン予定です。開所に向けての準備は着々と進んでいるのですが、Kaien川崎が発達障害に特化した就労支援施設として地域の皆様にご認知を頂いてるかというと、まだまだお伝えが足りないなあと感じるので、同時並行で各方面の支援機関や教育機関への開所のごあいさつ回りにお伺いしています。

今日は川崎市内の、とある特別支援学校へのご挨拶に行ってきました。進路指導担当の先生に、川崎での開設を大変喜んでいただき、お伺いした甲斐がありました。そちらの学校では就職が決まって卒業する生徒は毎年約半分くらいで、もう半分の生徒さんは卒業後に一般就労を目指し、何らかの支援機関につながっていくとのことです。しかし、卒業生が一般就労に向けた準備を整える訓練施設は十分にあるわけではなく(ちなみに障害者職業能力開発校は人気が高く、非常に狭き門なのだそうです。。。)、その点、平日日中に毎日通所し、就職に向けたビジネスマナーや職場コミュニケーションを整えることが出来るKaienに、「軽度知的障害の方を一般就労に送り出す通所施設として、大きな期待を持っている」と言っていただけました。

製本作業の様子
数十枚の紙の四辺を揃えて糊付けする作業は簡単なように見えてなかなか難しいため結構品質にバラツキが出ます。

既にKaienには療育手帳(愛の手帳)を取得している方が一定の割合で訓練にご参加されています。PCを使わないファイリングや印刷などでの就職を目指す方が多いので、訓練プログラムも紙の印刷や折り作業・ラベル張りなどの軽作業的な業務を疑似職場の環境で取り組んでいただいています。Kaien川崎では事務作業に加え、小冊子の製本業務やチラシの作成・封入などのプログラムを横浜事業所から移管し、PC操作に自信のない方にも安心して自分のペースで訓練に取り組んでいただける環境を整えていく予定です。

就労移行支援事業所 Kaien横浜・川崎の利用希望は こちら からどうぞ