MENU
HOMEニュースレタークラウドファンディングに初挑戦!オンライン療育「ミッテル」ですべての方に必要な支援を

クラウドファンディングに初挑戦!オンライン療育「ミッテル」ですべての方に必要な支援を

2021年2月号

Kaienニュースレター 2021年2月号 

1. クラウドファンディングに初挑戦!オンライン療育「ミッテル」ですべての方に必要な支援を

2月末、Kaienはクラウドファンディングに初挑戦します。プロジェクトはKaien12年の発達障害支援のノウハウを詰め込んだ「ミッテル」というウェブシステムの開発です。今月末に改めて当社各種メディアでご連絡しますので、クラウドファンディングの募集開始とともにぜひご協力をお願いします。

こどもミッテル ミッテルキャリアの説明文

ミッテルでは、発達障害の支援を、科学的にデータに基づいたものにするとともに、地域に関わらず良質な支援を安価に受けられる仕組みを目指します。

診断・検査・障害者手帳などを画像や文字情報で保存できる「カルテ」。生活リズムを10問で毎日回答できる「バイタル」。発達障害の方向けの各種講座を約500詰め込んだ「サプリ」。支援者がセキュアに繋がれる「チャット」。そして追加料金なしで使える相談窓口「ミッテル君」。

コロナ禍で当社サービスのオンライン化が進み、このようなシステムを構築するアイデアが自然に生まれました。目標金額は500万円と高いターゲット。支援サイトは2月末にオープンしますので、ぜひ皆様のご協力をお願いいたします。

『ミッテル』のクラウドファンディングページはこちらです
https://readyfor.jp/projects/mittel

参考)ミッテルスケジュール
・クラウドファンディング期間 2月末~4月末
・ミッテルシステム開発 3月~7月
・プレリリース 7月頃
・正式リリース 8月頃

参考)クラウドファンディングとは?Readyfor社サイト

2. YouTubeチャンネルから「困っていない発達障害」

KaienのYouTubeチャンネルから厳選動画をピックアップ。ウェブサイトでご確認いただけます。

厳選動画をご紹介

Kaien特別セミナー 「困っていない発達障害」(2021/1/24開催)

3. イベント情報「困っていない発達障害」

今後Kaienでは下記のイベントを予定しています。詳しくはウェブページから。

ウェブ開催!無料イベント

また2つのメディア対応を行いました。

講演・研修依頼

4. 今月のQ&A <就職戦線 新型コロナでの影響は?>

お寄せいただいた質問に当社代表取締役の鈴木慶太がお答えします。

就職戦線 新型コロナでの影響は?

Q1. コロナウイルス発生後、利用者の方が就職できた数は減りましたか?またコロナウイルス発生後、企業からの求人数も減りましたか?

A. 実は当社の場合、昨年前半は減速しましたが、後半は例年並み、又はそれ以上でした。下記の記事にある通りで全社的には18%増。特に大阪の拠点は過去最高を記録中です。

参考)コロナ禍でも就職者18%増 (発達障害の方の就労支援)

コロナ禍でも就職者18%増 (発達障害の方の就労支援)

企業からの求人はやや減ったという印象ですが、数字を調べ直すと維持又はやや増という感じです。たしかに日本社会全体で見れば求人は厳しいのでしょうが、発達障害の方の障害者雇用も加えた状況はそれほど大きな変化を受けていないようです。

求人数グラフ

参考)マイナーリーグ求人数

発達障害に特化 精神障害向けとどう違う?

Q2. 発達障害に特化した就労移行支援というのは、他の精神障害などの方へのアプローチとどのように違うのか。

A. とても鋭い質問です。ありがとうございます。

キーワードだけ出すと、ハビリテーションかリハビリテーションか、ナビゲートか共感傾聴か、訓練か休息か、体験か知識かという事になると思います。

わかりやすくやや極端に論じますと…

精神障害、例えばうつの場合は、元の健康体の自分がいて、その状態に戻す作業(リハビリ)が求められます。その時には共感傾聴で心の曇りを晴らしていく作業となり、活動するというよりも休むことが多く、また二度同じ状況にならないように知識を習得していくことが多いでしょう。

一方で発達障害の場合は、生まれながらその状態だったわけですので、より自分の特徴・才能を活かす作業(ハビリテーション リハビリテーション(Rehabilitation)は「Re」(再びという意味)がつきますが、ハビリテーションは元あるものを最大限という意味)ですし、その人に有利な環境や方向にナビゲートすることが重要で、休むよりもスキルや方法論を習得したほうが良いということになります。

もちろん発達障害の方は、精神障害も重なっている場合が多いです。当社のデータでも半分程度は二次障害がある、あるいは経験者ですので、両方の技法を使いながらとなります。

5. Kaien社長ブログ

2021年1月12日 今回の緊急事態宣言 在宅と通所のハイブリッド型が多数

今回の緊急事態宣言 在宅と通所のハイブリッド型が多数

 

2021年1月31日 VR×リモートの発達障害支援(NHKおはよう日本)

VR×リモートの発達障害支援(NHKおはよう日本)