MENU
HOMEスタッフブログ10連休はeスポーツで ゲームを通じてコミュニケーションスキルを向上させよう

10連休はeスポーツで ゲームを通じてコミュニケーションスキルを向上させよう

発達障害の方への支援方法 Kaienからのデジタルセラピーという新しい提案

これまでも当社では、発達障害の方が対人スキルやコミュニケーションスキル、チームワークを高められるための様々な取り組みをしてきました。

その中で昨年から力を入れているのが、eスポーツ。テレビゲームを競技形式で行う新スタイルのスポーツです。

【参考】目指せアジア大会!?マインクラフトを使ったeスポーツ大会を開催 ~放課後等デイサービスTEENS 祝日イベントを開催~

誰でも参加できる eスポーツ

スポーツ(や武術)は古今東西、人間力の育成や特に団体での振る舞い方を伝えるツールとして使われてきました。

しかし発達障害の人は、発達性協調運動障害がある人もいて、微細・粗大運動/協調運動といった”運動神経”が良くないことが圧倒的に多いため、なかなかスポーツで心を育む機会に恵まれていませんでした。

そこでKaienは「指だけ動けば誰でも平等に参加できる」というeスポーツの良いところを使い、eスポーツを使ったデジタルセラピーを開発中です。発達障害の人はゲームにはまっている人が多い。楽しみながらコミュニケーションを考えてもらえると思っています。

今回もMinecraftを使って複数のゲームを行います。

もちろんゲーム中毒については大丈夫なの?と思われる方もいらっしゃると思います。このため依存症のドクターなどとも連携を取りながら安全なセラピーにしたいと考えています。

平成最後の、令和最初のイベント

この写真は平成最後の、そして令和最初のイベントとして、GWの10連休。あわせて3日間開催するイベントのポスター。

今回は当社の就労移行支援と放課後等デイサービスを利用している方限定ですが、今後は外部にも開放して積極的にeスポーツを使ったデジタルセラピーを広めていきたいと思っています。

イベント後に開催報告をしたいと思っていますので、ぜひご期待ください。