MENU
HOMEスタッフブログ4月開始に向けて準備中 生活訓練事業所Kaien市ヶ谷

4月開始に向けて準備中 生活訓練事業所Kaien市ヶ谷

Kaien社長ブログ社長ブログ

4月開始に向けて準備が進んでいます。当社初の自立支援(生活訓練)事業所であるKaien市ヶ谷についてです。

生活訓練について

生活訓練は、就労移行支援を一歩前にした方が通うことを想定したサービス。

自分探しと自己表現。インプットとアウトプット。心や体のコントロール。制度や周囲の活用法。

一人暮らし力をつけて、就活に向けたエネルギーを蓄え、自立に向けて準備する期間(最大2年)となります。

Kaienの自立訓練(生活訓練)事業

入居ビルのご紹介

市ヶ谷駅から徒歩3~4分。一面がガラス窓になっている美しいビルです。

今日は各フロアを回って、入居のご挨拶。(2月入居で4月開業予定。)

「発達障害の人向けの支援企業です」とお伝えしたところ、「それは凄いですね」と好意的にお話を聞いてくださる方もいましたし、「実は家族が利用してましたよ…」ということを教えていただく方もいました。

これまで20近くのオフィスの開所をしてきて、挨拶をしてここまで皆さん好意的だったのは初めてかもしれません。(場所によっては、エレベーターを使うなとか、壁を作れとか、言われたこともあるわけで…)

まだ行政関係で準備する書類が残っており、4月開業が確定したわけでは有りません。そもそも認可されることが必要です。

が、ご希望の方はぜひお早めに当社利用説明会にお越しください。

2月には什器も入ります。今回は靴を脱いでリラックスできる、当社としては初めての土足厳禁オフィスになる予定です。

また続報をコツコツお伝えしていきます。

 

文責: 鈴木慶太 ㈱Kaien代表取締役
長男の診断を機に発達障害に特化した就労支援企業Kaienを2009年に起業。放課後等デイサービス TEENS大学生向けの就活サークル ガクプロ就労移行支援 Kaien の立ち上げを通じて、これまで1,000人以上の発達障害の人たちの就職支援に現場で携わる。日本精神神経学会・日本LD学会等への登壇や『月刊精神科』、『臨床心理学』、『労働の科学』等の専門誌への寄稿多数。文科省の第1・2回障害のある学生の修学支援に関する検討会委員。著書に『親子で理解する発達障害 進学・就労準備のススメ』(河出書房新社)、『発達障害の子のためのハローワーク』(合同出版)、『知ってラクになる! 発達障害の悩みにこたえる本』(大和書房)。東京大学経済学部卒・ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修了(MBA)。星槎大学共生科学部 特任教授 。 代表メッセージ ・ メディア掲載歴