MENU
HOME スタッフブログ Kaienの支援方針

Kaienの支援方針就労移行支援・ガクプロでお約束すること社長ブログ

Kaien社長の鈴木です。

今回新しいチラシを作る上で、支援方針を載せました。これまでもスタッフや利用説明会に来た方々には伝えてきた方向性ですが文字にしたのは初めてです。

発達障害が一般化していく中で、ますます多くの業者・支援者が入り乱れていくと思います。その中でもKaienは小粒ながら目標とされる存在でありたいと思っています。そのための支援方針の明確化です。

+++ここから+++

Kaienは5つの支援方針をお約束します

・あなたの目線で
普通を求め過ぎず、あなたの違いをしっかり理解し

・たのしく前向きに
はたらく面白さを感じられる空間をつくり

・あなたのペースで
早すぎず遅すぎず、あなたにちょうどよい速さで

・あなたの強みを
違いを引き立たせ、企業に必要とされる強みに

・いつまでも仲間として
就職後も、発達障害の魅力を伝える仲間として

みなさんのお仕事・就活を応援します

+++ここまで+++

というものです。特に解説が必要ではないかもしれませんが、社内で議論した時に出た部分を解説してみます。

・一つ目の「普通を求めすぎず」の部分。発達障害の人はやはり少数派。多数派の中で生きていく上で、生きづらさを解消するには、ある程度の適応は必要です。しかし求めすぎず、ちょうどよいぐらいを目指しましょう。普通を求めることで、違いの良さまで消したら元も子もないですから。違いをむしろ誇れるぐらいになってほしいということです。それは4つ目の「違いを引き立たせ」ることで「強み」として発揮していこうということに繋がります。

・ふたつ目の「はたらく面白さ」「たのしく前向き」の部分。単なる就職させます、という業者ではなく、Kaienに来れば働く楽しさ、前向きに生きるマインドセットを得られるようになりますよ、という思いです。本来仕事は面白いもの。人によっては「毎日スキップして職場に行く!」(Amazon創業者のジェフ・ベゾス)というぐらいのものになりえる”働く”の魅力を伝えていきたいです。

・最後の「いつまでも仲間として」の部分。決して発達障害の当事者同士がピアサポートをしてください、という意味ではないです。スタッフも当事者も垣根なく仲間となり、一緒に発達障害の魅力を伝えていきたい。支援する・される、の関係ではないですからね、という想いを込めたつもりです。


 

チラシは上記画像もありますが、ダウンロードもできます。5MB以上あるPDFですが、ご入用な方はぜひ こちら から。