MENU
HOMEスタッフブログコロナウィルスによる障害者雇用の就職活動への影響は?

コロナウィルスによる障害者雇用の就職活動への影響は?

企業採用担当者への緊急アンケートを実施中コロナウイルス影響調査

コロナウィルスによる雇用への影響が懸念されています。厚労省からも新卒内定者の内定取り消しなどを行わないよう、経済団体に対して配慮するよう要請したことが公表されています。

参考:厚生労働省 報道発表

障害者雇用で就職活動をされている方、それをサポートする支援者の方は、今後の雇用情勢の変化が大変気になるところかと思います。そこで日頃からお世話になっている企業の採用ご担当者様にご協力を頂き、「コロナウィルス拡大による障害者雇用への影響」についてアンケートを行っています。

アンケートへのご協力依頼の連絡を送ったのが昨日ですが、すでに40社以上の企業様がご回答をしてくださっています。採用する側としても本件へのご関心を高くお持ちでいらっしゃることが窺われます。

経済動向への懸念はありつつも、雇用には引き続き前向きな企業が多い

まだアンケート募集中ですが、取り急ぎ速報的に現在の集計結果を共有します。

今後の障害者雇用の採用計画について伺ったところ、今後の経済の先行きについてのご不安は一定程度見られるものの、引き続き雇用規模を拡大する予定の企業様が多数でした。

採用活動の遅延などの影響がすでに出始めている

一方で、現在すすめている採用活動については、「すでに影響が出ている」「今後影響が出る可能性がある」と感じている企業が7割を超えました。

3/20のアンケート締切後に、あらためて集計結果を共有する予定です。それあわせて、採用意欲がある企業と、働きたい方々とのマッチングに向けて、当社として出来ることをご提案していきたいと考えています。

3月21日追記:緊急アンケート「コロナウイルスによる障害者雇用への影響」結果レポート

コロナウイルス関連 緊急調査① 保護者編

コロナウイルス関連 緊急調査② 小中高生編

コロナウイルス関連 緊急調査③ 就活生編

コロナウイルス関連 緊急調査④ 在職者編

コロナウィルスによる障害者雇用の就職活動への影響は?