MENU
HOMEスタッフブログ自立訓練(生活訓練)「カレッジ系」の新規参入が続々と…

自立訓練(生活訓練)「カレッジ系」の新規参入が続々と…

社長ブログ社長ブログ

今日社員が、「ディーキャリアさんが自立訓練(生活訓練)に参入らしいです」と教えてくれました。予想通りですが、そうですか。にぎやかになりますね。

”●●カレッジ” 自立訓練(生活訓練)で頻出ワード

もともと自立訓練(生活訓練)は、ゆたかカレッジさんが発達障害界隈では有名でした。

そうしたらココルポートさんもココルポートカレッジを今年初めに、ディーキャリアさんもディーキャリアカレッジを今秋にということで…。実際、自立訓練(生活訓練)は特別支援学校を卒業した後に大学・専門学校的に通う障害福祉サービスでしたので、カレッジという名前が広まるのはわかりますが、すごい流れですね…。ゆたかカレッジさんの先見の明に敬服です。

当社も今年(2020年)4月にKaien市ヶ谷をオープン。当社として初の自立訓練(生活訓練)事業所でした。今後も、大阪福島立川に2021年1月OPEN予定。その後も、横浜に2021年4月にオープンできそう。さらには津田沼、大宮も早いうちにと考えています。

当社の自立訓練(生活訓練)を「Kaienカレッジ」にしなかったのは、大学・専門学校生向けに「ガクプロ」というプログラムがあることと、当社の場合は特別支援学校の後に通うというよりも、大学や専門学校を中退または卒業した人がメインの対象層なので、ターゲットが異なるからということがあります。

正式名称は「生活訓練事業所Kaien●●」です。就労移行支援事業所とまったく同じブランド名で行うということですね。

競争はサービス向上の源泉です!

いずれにせよ、これまで「就労移行」と「放課後等デイサービス」が、株式会社系が競い合う障害福祉サービスのレッドオーシャンだったのですが、今後は「自立訓練(生活訓練)」がその場になりそうです。

競争があるのは社会や顧客のためには良いこと。当社もこの中で際立てるように事業所の質と量を挙げていきたいと思います。

参考: 無料Zoom企画 明日です!

10/31(土)10:30 新拠点!大阪・立川・横浜・大宮・津田沼で立ち上げ準備中
「当事者と作る Kaien生活訓練 ー 中退・卒業者への効果的な支援とみえてきた課題」

参考: Kaienの自立訓練(生活訓練)

生活訓練に興味がある方へ

参考: 新拠点計画

[新拠点計画] 立川・大阪福島に1月 横浜・大宮・津田沼にも来春/夏をめどに計画中

文責: 鈴木慶太 ㈱Kaien代表取締役
長男の診断を機に発達障害に特化した就労支援企業Kaienを2009年に起業。放課後等デイサービス TEENS大学生向けの就活サークル ガクプロ就労移行支援 Kaien の立ち上げを通じて、これまで1,000人以上の発達障害の人たちの就職支援に現場で携わる。日本精神神経学会・日本LD学会等への登壇や『月刊精神科』、『臨床心理学』、『労働の科学』等の専門誌への寄稿多数。文科省の第1・2回障害のある学生の修学支援に関する検討会委員。著書に『親子で理解する発達障害 進学・就労準備のススメ』(河出書房新社)、『発達障害の子のためのハローワーク』(合同出版)、『知ってラクになる! 発達障害の悩みにこたえる本』(大和書房)。東京大学経済学部卒・ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修了(MBA)。星槎大学共生科学部 特任教授 。 代表メッセージ ・ メディア掲載歴