MENU
HOME スタッフブログ 3つの重ね絵で”大人の発達障害”を説明してみました

3つの重ね絵で”大人の発達障害”を説明してみましたKaien社長ブログ@就労移行支援社長ブログ

  これから大阪府の職員などに向けて大人の発達障害の就職について講演をしてきます。それに合わせて講演資料を作りました。その過程で発達障害を3段階で説明してみました。ここにも共有します。

 まず1枚めの絵。ASDとADHDで9割以上を占める発達障害。その特徴と、そもそもよく重なっているよという説明です。色々発達障害の種類を考えるよりもこの絵からスタートしたほうがシンプルでわかりやすいです。

 

 2枚め。ASD・ADHDに重なる形で、他の発達障害(含 知的障害)と理解すると、発達障害の理解が一歩進みます。学習障害が限局性学習症という新しい名前(SLD)になっているのが目新しいでしょうか。

 そして重要なのが3枚目。発達障害は本来先天的なのに、後天的な生きづらさが二次障害を引き起こしますよ、と言う絵です。1・2・3枚めが重なっているのが実際の、皆さんの目の前にいる、大人の発達障害であるわけです。接する側としてはこの重なりを理解して、症状の原因を紐解いていく必要がありますね。

 さらには、同じ特性でも、両極端になるというのが下の絵です。もともと両極端ですが、周辺環境によっても両極に触れます。環境に大きく影響を受けるのはカメレオンみたいです。

 詳しくはこちらの記事(大人の発達障害の解説記事)をご覧ください。ご本人が読んでも、周囲の方が読んでも理解しやすいといいのですが…。

 なお周囲がどう関わるかは、できれば今夜追記する予定です。講演には間に合いませんでした…。

文責: 鈴木慶太 ㈱Kaien代表取締役
長男の診断を機に発達障害に特化した就労支援企業Kaienを2009年に起業。放課後等デイサービス TEENS大学生向けの就活サークル ガクプロ就労移行支援 Kaien の立ち上げを通じて、これまで1,000人以上の発達障害の人たちの就職支援に現場で携わる。日本精神神経学会・日本LD学会等への登壇や『月刊精神科』、『臨床心理学』、『労働の科学』等の専門誌への寄稿多数。文科省の第1・2回障害のある学生の修学支援に関する検討会委員。著書に『親子で理解する発達障害 進学・就労準備のススメ』(河出書房新社)、『発達障害の子のためのハローワーク』(合同出版)、『知ってラクになる! 発達障害の悩みにこたえる本』(大和書房)。東京大学経済学部卒・ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修了(MBA) 。 代表メッセージ ・ メディア掲載歴社長ブログ一覧