MENU
HOME 大人の発達障害Q&A アスペルガー症候群は遺伝ですか?

アスペルガー症候群は遺伝ですか?発達障害の遺伝要因を最新研究から考えますASD・アスペルガー

 発達障害の原因は長い間、子育ての責任にされてきました。しかし近年の研究によってそうした誤解が解けた上に、”遺伝””環境”という二つの要素が複雑に関係しているものだということがわかってきています。特に自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群などの研究がADHDやLDに先行しているのが特徴です。この記事では最新の研究成果から発達障害の原因についてわかっている事、わかっていない事をまとめます。

はじめに

 最新の研究成果と言っても、一つ一つが絶対に正しいことが証明されているわけではありません。多くの場合は数百人に対する調査を基に確からしいとして導き出された説です。つまり個々の研究成果を鵜呑みにするのではなく、全体の方向性を理解するという姿勢が必要になります。では全体の方向性としては何がわかったのか?わかっていないのか?簡単にまとめてから個々の研究成果をご紹介します。

わかっている事
  • 遺伝子が主な要因だということ
  • 次いで環境(主に妊娠中)が主な要因であること
  • 遺伝要因と環境要因が組み合わさっていること
  • ワクチンや子育てが原因ではないこと
わかっていない事
  • どの遺伝子がどのように関連して症状を引き出すのかということ
  • 親からの遺伝がどの程度かということ
  • 遺伝しないで発症する確率(その人の遺伝子の突然変異)がどのくらいかということ
  • 環境要因が何なのかはまだわからないことが圧倒的に多いこと

research-paper

ポジティブな要素も 引き継がれている遺伝子

 いずれにせよ、遺伝の要素が大きいのは確かです。ネガティブにとらえる方もいるかもしれませんが、発達障害で言われる特性はポジティブな要素も含む特性でもあります。例えば、アスペルガー症候群の典型的な特徴である「こだわり」というのは、職人のこだわりなどとプラスの文脈で使われることがもともとの意味であることからも分かるように、高品質につながる特徴です。他にも、ADHD(注意欠如多動性障害)の衝動性・突発性はうまく制御できれば行動力や突破力になりますし、同じくADHDの脳内が多動で混乱していることが多い”とっちらかった”部分も制御できれば発想力につながります。今後も遺伝子の研究や人工知能の研究によって様々に解明されることを期待するとともに、それらの研究が発達障害への支援のアプローチに好影響を与える事が期待されます。

インデックス

  1. 自閉症スペクトラム研究 最新情報
  2. きょうだいの発症確率 当初予想の2倍という研究結果
  3. 「きょうだいの場合は10倍」 自閉症スペクトラムの発症率推計
  4. ADHDとアスペルガー症候群の遺伝子の共通性
  5. アスペルガー・自閉症スペクトラム 環境要因の果たす役割
  6. 自閉症関連遺伝子 高知能と知的障害の両極を生む
  7. 自閉症スペクトラムの要因 何百もの遺伝子突然変異がランダムに発生か

1. 自閉症スペクトラム研究 最新情報

 2013年の時点の研究まで紹介した「自閉症ー分かっていること(と、まだ分かっていないこと)」という動画が公開されています。特定の研究ではなく、確からしい研究結果をまとめた発表で、米国のSimons Foundationの研究者であるウェンディ・チャンが伝えています。以下が要約です。

遺伝子が主な要因

 例えば自閉症スペクトラムの兄弟がいる場合もう一人も自閉症スペクトラムである確率は一卵性双生児の時は70%台、二卵性は30%台、通常の兄弟は20%以下であるとのことです。ただし遺伝子が同一であるはずの一卵性双生児の場合でも100%という結果ではないため、遺伝子以外の要素が絡んでいることは明確ともいえます。また、自閉症スペクトラムに関与が特定できている遺伝子で説明できる診断は全体の25%に過ぎず、75%は原因が未解明(他の遺伝子や環境要因などが関係している)ということになります。

prevalence

数百の遺伝子が関連している

 一つの非常に強い遺伝子の変異(たった一つの文字の変異)で自閉症スペクトラムの症状が出ることもあるものの、多くの場合は複数の遺伝子が絡み、その数は200とも400ともいわれはっきりとわからないということです。

親から受け継がれるだけでなく、突然変異はどの代からも起こる可能性がある

 発達障害に関係する遺伝子変異を親から引き継ぐ可能性はあるものの、突然ある人から始まることもあり、その部分もまだ十分には解明されていないということです。

遺伝子以外の環境要因も

 遺伝子以外は環境要因が大きく影響していることがわかってきました。例を挙げると父親の年齢の高さです。つまり受胎時の父親の年齢が高いと自閉症スペクトラムのリスクが高まるという研究があります。また、母親の妊娠中の状態もアスペルガー症候群・自閉症スペクトラムに影響する可能性があります。例えば胎児の脳が発達する期間に特定の物質(例:てんかん薬などに含まれるバルプロ酸)が自閉症スペクトラムの確率を増すことも分かっているとのことです。さらに特定の感染性も関与している可能性があるということです。

2. きょうだいの発症確率 当初予想の2倍という研究結果

Parents with autistic first child face one in five risk of sibling developing disorder(米・カリフォルニア大デービス校)

 米国などで兄姉が自閉症スペクトラムである664の事例について、弟妹がどの程度自閉症スペクトラムの診断を受けるレベルにあるかが調査されました。結果、19%の確率で弟妹が自閉症スペクトラムの診断レベルにあることがわかりました。それまでの各種研究では弟妹も診断レベルになる確率は3~10%だったとのことで、それよりも高い研究結果が出たことになります。

 なお、およそ15%のケースは、特定の遺伝子変異によって引き起こされている疑いがあることも研究で指摘されています。もしその遺伝子の変異が、(一人)の子どもとその両親(のどちらか)に認められる場合、次の子どもが発達障害である可能性は高くなるものの、もしその遺伝子の変異が両親に見られない場合、次の子どもが発達障害である可能性は通常と同じになるとのことです。

 ただし、冷静に数字を見ますと85%の原因は判然としないわけですし、両親とも(今回研究の対象になった)特定の遺伝子が認められたとしても子どもが発達障害でない可能性は高く、あるいは両親とも特定の遺伝子が無かったとしても子どもが発達障害である可能性は依然としてあることになります。

human_genome

3. 「きょうだいの場合は10倍」 自閉症スペクトラムの発症率推計

The Familial Risk of Autism(スウェーデン)

 過去最大の200万人もの調査からだされた推計です。家族の中で自閉症スペクトラムの人がいる場合、通常(発達障害の人がいない場合)に比べて発症する確率がどの程度高いかという研究です。箇条書きでご紹介します。

遺伝要因
  • 一卵性双生児 153倍 (統計的に確からしい幅は、56.7から412.8倍 以下同じ)
  • 二卵性双生児 8.2倍 (3.7-18.1倍)
  • きょうだい 10.3倍 (9.4-11.3倍)
  • 母親が一緒の兄弟 3.3倍 (2.6-4.2倍)
  • 父親が一緒の兄弟 2.9倍 (2.2-3.7倍)
  • いとこ 2.0倍 (1.8-2.2倍)

prevalence2

 このように見ると遺伝要因の大きさに圧倒されますが、実は今回の研究では環境要因にも注目されています。実は遺伝要因と環境要因は同じだけ影響していて、どちらかが影響するのではなく、どちらも影響しているということもわかりました。なお環境要因として、研究では以下が挙げられています。

環境要因
  • 親の年齢
  • 出産時の合併症
  • 妊娠時の食事
  • 脳発達の初期段階での公害・汚染からの影響

 2000年代は遺伝要因がほぼ100%と思われていた時代もありました。きょいうだいの場合、通常の10倍の発症率というのは高く思えるかもしれませんし、たしかに遺伝要素が強いことも結果として示されていますが、同時にこの研究では大規模な調査の中で環境要因の大きさを主張していることが注目に値すると思います。

【参考】大人の発達障害者向けの職業訓練・就活支援
【参考】発達障害(疑い含む)のある大学生・専門学校生向け”ガクプロ”
【参考】見学/相談/利用希望の方は ”ご利用説明会”へ

4. ADHDとアスペルガー症候群の遺伝子の共通性

ADHD, Autism May Sometimes Share Gene Mutations. But, the vast majority of children with autism disorders or ADHD don’t share these genetic risks.(加・トロント)

 カナダで遺伝子の研究が行われ、発達障害のうちのADHD(注意欠陥多動性障害)とASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)の相違点が調べられました。ADHDやASDのそれぞれに固有と思われていた変異遺伝子がひょっとしたら共通して同一のものも多いのではというようなアプローチで研究は進められています。

 研究の結論としては、ADHDとASDは共通した遺伝子変異を持つものの、それらは多数ではなく、大部分は遺伝子リスクを共有していないということでした。ただし、ADHDの遺伝的な要因はまだまだ解明途中ですし、ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)についても遺伝要因の細かい部分についてはまだまだ見解が分かれています。

5. アスペルガー・自閉症スペクトラム 環境要因の果たす役割

Balance Tips toward Environment as Heritability Ebbs in Autism?(米・スタンフォード大)

 双子に対する研究が米国で行われました。これまでの双子研究で、自閉症スペクトラムの原因の90%ほどを説明するとされていた遺伝要因が、それほど高くない(40%を切る程度)ことが分かり、環境要因、特に出生前の環境要因がこれまで以上に大きそう(半分以上を説明)、という研究結果です。

 なお環境要因は妊娠初期のものとされている以外は細かくは記載されていません。今のところ遺伝要因で説明できない部分が半分以上あると考えたほうがよさそうです。

autism_awareness_ribbon

6. 自閉症関連遺伝子 高知能と知的障害の両極を生む

Autism Genes Linked To Higher Intelligence: Treading A Fine Line Between Intellectual Disability And Superiority(英・エジンバラ大学)

 英・エジンバラ大学の研究は発達障害とのかかわりがあるとみられる遺伝子が知的水準に与える影響に注目した研究です。具体的には、同じ自閉症スペクトラムの遺伝子を持ちながら、一方は自閉症スペクトラムを発症している人、もう一方は症状がみられない人、という2グループについて調査を行っています。

 診断・症状があるタイプは、知的には「普通」か「低い」傾向があり、もう一方の、つまり遺伝子を持ちながら発症していないタイプは、「高い」傾向があるというデータが出たとのことです。数的処理能力や問題解決力の豊かさ、空間的な論理思考などに表れているとのことです。記事によるとこうした本格的な研究は世界で初めてのようです。

7. 自閉症スペクトラムの要因 何百もの遺伝子突然変異がランダムに発生か

Autism linked to hundreds of genetic mutations(米・イェール大学)

 欧米でほぼ同時期に行われた3つの研究でほぼ同じ結論に達したことが報道されました。そのうち一つをご紹介します。

 自閉症スペクトラムの要因は、一つ二つの遺伝子の突然変異で起こるものではなく、何百もの突然変異がランダムに起こっているという研究結果です。ただし今回の研究で説明できる自閉症スペクトラムはまだ一握りであり、他の大部分の発生要因は謎が多いとのことです。なお、突然変異が小規模であっても男性の場合は自閉症スペクトラムの症状が現れやすいものの、女性のほうは変異が大規模であっても症状が確認されないケースがあり、女性のほうが”耐性”があると伝えています。またウイリアムズ症候群にも関係している遺伝子の変異が自閉症スペクトラムにも関係しているケースがあるとも報告されています。

bw-family

発達障害とは?
大人の発達障害Q&A一覧

関連ページ

発達障害の特性を活かした就職を! 就労移行支援などをご紹介中! 
ご利用説明会は オンラインフォーム または
03-5823-4960 / 045-594-7079 (平日10~17時)で
ご予約ください