MENU
HOMEニュースレター発達障害という言葉を使わない就職活動準備講座 “はじめの一歩”

発達障害という言葉を使わない就職活動準備講座 “はじめの一歩”

2021年3月号

はじめに…

クラウドファンディングにご協力いただきありがとうございます。2021年3月9日現在、目標金額500万円の80%超のご支援をいただいています。様々な応援コメントも有難く受け取っています。〆切は4月26日です。まだの方は一度サイトを訪問いただければ幸いです。

発達障害のオンライン療育「ミッテル」ですべての方に必要な支援を。
https://readyfor.jp/projects/mittel

Kaienニュースレター 2021年3月号 

1. [新拠点計画] 大阪福島に1月 立川3月 横浜4月 大宮5月 津田沼にも夏をめどに計画中

2021年Kaienは複数拠点を立ち上げ予定。具体的な計画と進捗状況をお伝えします。

・大阪福島 生活訓練 1月4日開所 (空き有)
・立川 生活訓練・ガクプロ 3月1日開所 (空き有)
・横浜第2拠点 生活訓練・就労移行 4月予定 利用者募集中
・大宮 生活訓練・就労移行 5月予定 利用者募集中
・津田沼 生活訓練・就労移行 夏予定

おおむね計画通りに進んでいます。新規拠点は空きがあります。ご関心のある方はぜひ説明会などにお越しください。

新規拠点 計画状況

[新拠点計画] 大阪福島に1月 立川3月 横浜4月 大宮5月 津田沼にも夏をめどに計画中

ご利用説明会

ご利用説明会

2. YouTubeチャンネルから「本業に貢献する障害者雇用~インクルージョン配属の成功例を三井化学㈱に聞く~」

KaienのYouTubeチャンネルから厳選動画をピックアップ。ウェブサイトでご確認いただけます。

厳選動画をご紹介

Kaien特別セミナー 発達障害の強みを活かす先進企業 第2回

『本業に貢献する障害者雇用~インクルージョン配属の成功例を三井化学㈱に聞く~』(2021/2/9開催)

Kaien大阪天六特別企画

「発達障害 コロナ禍の就活@関西 ~好調の理由を探る~」(2021/2/16開催)

3. イベント情報「発達障害という言葉を使わない就職活動準備講座 “はじめの一歩”」

今後Kaienでは下記のイベントを予定しています。詳しくはウェブページから。

  • 3/19(金)14:00 発達障害という言葉を使わない 就職活動準備講座「はじめの一歩」
  • 3/23(火)14:00 ハイスキル人材の採用マッチングイベント「第2回 才能ドラフト会議 presented by Kaien」
  • 3/26(金)20:00 【親子で参加OK】新卒学生向け「発達障害学生のための就活キックオフ講座」
  • 3/27(土)11:00【親子で参加OK】新入学生向け「大学・専門学校 直前準備講座」
  • 4/3(土)11:00 【親子で参加OK】新卒学生向け「発達障害学生のための就活キックオフ講座」
  • 4/6(火)19:00 Kaien特別セミナー「ゲーム・ネットを通し当事者の世界を知る」~周囲が上手に付き合うためにできることと難しいこと~
  • 4/8(木)18:30 Kaien特別セミナー 発達障害の方が万一に備えて安心を得るための特別講座「保険とお金のはなし」

ウェブ開催!無料イベント

講演・研修依頼

4. 今月のQ&A <本人が支援を受けるのに乗り気ではない>

お寄せいただいた質問に当社代表取締役の鈴木慶太がお答えします。

本人が支援を受けるのに乗り気ではない

Q1. 是非、御社の支援を受けてほしいと思っていますが、本人は生返事です。本人に受講させる為の良いアドバイスを頂けましたら幸いです。

A. 当社は「助手席でナビゲート」するのが支援だと思っています。まずは運転してみようというポジティブな気持ちになることと、助手席にナビゲーターがいたほうが上手に走れそうだなという気持ちになっていただく必要があります。ご本人も特性の受け止めや、自立の本質は人に頼りながら進むことであることの理解、自暴自棄にならず自分のペースで進もうと思うには時間がかかると思います。親御様だからこそ、不安が募り、早く支援を受けてほしいと思われると思いますが、焦りがご本人に伝わらないように、ご本人が進もうと思ったときに適切に方向を示してあげられるように予習をして落ち着きを持っておく必要があるかもしれません。当社では有料ですがペアトレというサービスを提供していて、いままで数百人の方が参加されていますので、一助になるかもしれません。

Kaienペアトレ 「8期生」を募集 <ご家族向け>10代以降の発達障害を考える『就職準備勉強会』

Kaienペアトレ 「8期生」を募集

自立訓練(生活訓練)か、就労移行支援か?

Q2. 専門学校を卒業後、季節性のもので10月~2月頃にかけて体調を崩すようになりました(症状は頭が働かなくなる、数字が分からなくなる、注意力が落ちる等)。フルタイムでアルバイトをしていた時は調子が悪い時期でも朝通勤できていましたが、仕事の量も質も落ちていました。辞めてから就労移行支援を利用したいとずっと思っていましたが、最近になって自立訓練のことを知りました。自分の障害特性の把握やその期間の体調管理ができていないことを踏まえると自立訓練から始めた方が良いのでしょうか?また、利用者の方々が体調を崩された際は通所をどのようにされているのか、そこに対する支援も何かあるのか気になります。

そうですね。個々のケースによって異なると思います。このため下にあるチェックリストを見ていただいたうえで、当社の説明会や個別相談、体験セッションを通じて決めていっていただいたほうが良いと思います。体調を崩したときは、休む、事が大事ですが、休み方も大事です。休み方を計画したり、目的を考えたりを伴走します。自立訓練(生活訓練)では時に自宅に訪問することも支援の一環ですし、今はZoomでご自宅にいながら利用することも認められていますので、通所や個別相談を組み合わせながら体調の整え方、心の安定の仕方をサポートしています。

チェックリスト:当てはまる項目が多いほど「生活訓練」がおすすめ、少ないほど「就労移行」がおすすめ。

自立訓練(生活訓練)に興味がある方へ

5. Kaien社長ブログ

2021年2月26日 コロナ禍で見えた発達障害支援 データ・IT・AIなどを活かした次世代型支援を

コロナ禍で見えた発達障害支援 データ・IT・AIなどを活かした次世代型支援を

 

閉じる
チャットで質問 チャットで質問
お気軽にご質問ください。