MENU
HOME 就労移行支援 発達障害に特化した転職サイト

発達障害に特化した転職サイト発達障害のある方積極採用の求人リスト/求められる責任の度合いや職場環境との相性をマッチング発達障害に特化した転職サイト

マイナーリーグは、ADHDや自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群などの発達障害がある方々が、持っている資格や経験が活かせる職場に出会うための「発達障害に特化した転職サイト」です。

約1分のご登録で求人情報が閲覧可能  https://mlg.kaien-lab.com

あなたの資格や経験などの長所を活かせる求人があります 

ADHDや自閉症スペクトラムなどの発達障害の診断を受けている方や、発達障害グレーゾーンの方々のなかには、専門知識や資格・経験など仕事で活かせるスキルを有している方がたくさんいます。しかし、職場環境との相性の問題や、能力の凸凹によってその強みが上手に発揮できていないことが多いのも事実です。

マイナーリーグは、発達障害の強みを活かすための求人マッチングサイトです。自分が持っている経験やスキル資格を必要としている職場で障害特性に対する周囲からの理解配慮を得ながら働くことで、強みを評価につなげることが出来ます。

 

【参考】 自分の強みを見つける ”体験型” 職業訓練プログラム

苦手な部分への配慮事項が一目瞭然

マイナーリーグには、失業中の方を主な対象とした「発達障害に特化した就労移行支援」で培ったノウハウが至る所に活かされています。発達障害のある方が効率的に強みを活かせる職場に巡り合えるための特長は3点です。

  1. 発達障害に特化: 発達障害がある方を積極採用する企業が集まる求人リスト
  2. 細かな業務情報: 求められるスキルや残業量、責任、マニュアル有無などを明記 
  3. 相性を自動判定: 社風や職場環境とのマッチ度合いを自動でスコア表示

上記以外にも、エントリーシートに「支援者・支援機関からの推薦文」の項目により支援者との連携を企業にアピールすることが出来る、就職活動に役立つ情報がサイト内に掲示される、応募先企業との面接日程調整メールのテンプレートが用意されている、など発達障害のある方の転職活動に寄り添った様々な工夫が随所にこらされています。

【参考】就職活動をキャリアカウンセリングでサポート

ご利用料は完全無料

マイナーリーグは採用する企業側にお支払いいただく手数料により運営されています。会員のみなさまは登録から内定・採用まで完全無料でご利用いただけます。

就職後の声

Yさん 27歳男性 診断名:発達障害(ASD)
理系の修士課程を卒業後、大手メーカーで3年間SEとして勤務。IT技術の面では高評価を受ける一方で、ミーティングや折衝の場面でのコミュニケーションで困難が発生。はじめは努力でカバーできると考えたが長期的には心身で健康を維持するのが難しいと思い至り、転職を決意。
現在はソフトウェア開発会社で客先との折衝がほぼ無い内部設計を担当している。職場にはコミュニケーション面での苦手さを開示しており、社内のミーティングでも周囲のサポートを得ながら苦手な部分をカバー。心身ともに安定し勤務を継続中。

Nさん 33歳女性 診断名:注意欠陥多動性障害(ADHD)
学生時代は勉強は得意なタイプ。出身大学のネームバリューもあってか、念願叶って新卒で広告制作会社に総合職として就職。しかし入社後、徐々に業務量が増えるにつれてミスが目立ち始める。心身の不調を感じ心療内科にかかったところ、医師から検査を勧められ軽度のADHD(グレーゾーン)との診断を受けた。総合職として働き続けることは困難だと考え転職活動を開始。
広告媒体を作ること自体は好きだったので仕事内容は変えたくなかった。3か月ほどで広告業界の別会社に転職が決定。隔週で上司と面談し、業務量調整の配慮を受けている。前職で培ったデザインスキルや文章表現力を活かせており、前職に比べて職場で感謝される機会が増えたと感じている。

関連ページ